1. まとめトップ

肌荒れも改善された!クレンジングを選ぶ事で肌も改善される?

普段何気なにく使っているクレンジングですが、いつまでたっても肌荒れが治らない。ニキビが出やすくなった。それってクレンジングに問題は無いですか?クレンジングを選びなおして肌の調子が良くなった方もいるみたいです。

更新日: 2017年07月19日

1 お気に入り 9150 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

Hinokuさん

クレンジングの目的とは?

クレンジングの目的は、肌を痛めず、メイクの油を落とす事。

メイク料は「粉体」と「油」が混合されてできたものです。メイクの汚れを落とすことは、メイク料の油を落とすことです。

クレンジングの選び方

クレンジングにはクリームタイプ・ジェルタイプ・オイルタイプ・ローションタイプ・石鹸タイプ・コットンでのふき取りタイプなど色々な種類があります。また、メイクはナチュラルメイクから、舞台用メイクなどの特殊メイクまだ幅広くあります。今回は日常生活におけるクレンジングを選びます。

クレンジングを選ぶポイントは?

「油分の高いタイプを選ぶこと」「メイク料の汚れを、肌を痛めずにキレイに肌から落とすこと」です。

したがって、水で洗い流せるオイルクレンジングが理想であると考えられます。水で流さない場合は、ふき取り化粧水を使用しましょう。

この場合、ふき取り化粧水のアルコールが肌の水分も一緒に除去しますので肌荒れを起こします。

また、ふき取る際

使用するコットンによる肌を擦る刺激も肌に悪影響を及ぼします。特に肌の弱い方は要注意!

クレンジングの使い方

必ずたっぷりの量を使用すること。両手のひらで、大きく手を這わせながら、メイクの汚れを肌表面に浮かびあがらせメイクを落とします。そのために、たっぷりの量が必要になります。

顔表面と手の間でオイルが滑る量があれば、擦らなくてもメイクの汚れは毛穴から浮かせ落とせます。必要以上にすることやマッサージをすると、手が顔を摩擦し、敏感肌や、赤ら顔の原因につながります。

また、クレンジングの油分が肌に残ると、紫外線と反応し、油やけ、くすみ、シミの原因になるので注意が必要です。そのためクレンジング後、洗顔料が残った油分を落とします。

クレンジングの注意点

・クレンジング量はたっぷりと多めに。
・力を入れて肌を擦らない、マッサージしない。
・クレンジングの油をキレイに落とす。
・メイク料にあったクレンジング選ぶ。

いかがでしたか?クレンジングの使い方を間違えるだけでも肌荒れの原因となることが理解できたと思います。しっかり選んで自分にあったクレンジングを使用しましょう。

ほっぺたと顎のあたりの肌荒れが潰れたと思ったら赤く目立つシミのようになってしまって、このまま残ったらほんと絶望しかない…

@noma510 昔使ってた!最初は伸び悪かったけど、使うようになって肌荒れが治まったらいうほど気にならなくなってきた。近所で手に入らないから最近使ってないけど~

1