1. まとめトップ

地上デジタル放送が計画された後に製造されたアンテナで地上デジタル放送にも使用できるオールバンド対応製品は、アンテナ先端部のキャップかまたはケーブル接続部の防水カバーが黄色になっていて古い非対応なものと区別しやすくなっている[42]。

出典wikiぺディア参照

地デジアンテナとBS・CSアンテナの設置例です

アンテナ工事とは?

アンテナ工事とはテレビを見るための電波を受信するのに必要な工事で、地デジ、BS・CSなどの衛星アンテナなどの種類があり一軒家でテレビを見る際には必要不可欠の工事になる!

地デジの電波ってどこからでてるの?

日本の地上デジタルテレビ放送(にほんのちじょうデジタルテレビほうそう)とは、日本における放送局により行われる地上(陸上)のデジタル方式テレビ放送である。2003年に導入が開始され、2011年にアナログからの完全移行となった。

出典wikiぺディア参照

関東地方において新たな地上デジタル放送の送信所として東京スカイツリーが建設されたが開業は2012年であり、2011年7月のアナログ放送終了には間に合わなかった。そのため、現在の送信所である東京タワーからの電波を受信している場合にアンテナの再調整などの影響があると考えられていた。ただし、総務省は情報通信審議会情報通信政策部会「第42回地上デジタル放送推進に関する検討委員会」(2009年1月16日開催)[17]において「関東広域圏の地上デジタル放送の親局が東京タワーから東京スカイツリーに移行することによる視聴者への影響はほとんど無いであろう」との見解を示している。

出典wikiぺディア参照

テレビの電波を受信する為には?

地上デジタルテレビジョン放送(地デジ)はUHF帯で送信されるので、視聴するにはUHFアンテナを設置する必要がある。
アナログ時代には関東地方では広域各局を中継局経由での視聴世帯を除いてUHF帯放送局を視聴しない世帯も多かった。そのため東京タワー向けVHFアンテナしか設置していない家屋や建物があり、また独立局の送信所(東京に隣接の周辺3県)の関係から東京タワー向けUHFアンテナを設置していない家屋や建物も多かった。また関東の独立局で使われているアナログ用チャンネルとデジタル放送で使われているチャンネルは、TOKYO MX(14ch)と放送大学(16ch))を除いて周波数が大きく異なる(16[注 12] - 28チャンネル付近)。

出典wikiぺディア参照

アンテナの種類は?

一般に広く使われるUHFアンテナ(魚の骨型の八木・宇田アンテナ)は送信チャンネルによってローバンド(13 - 44ch メーカーによって異なる場合がある)、ハイバンド(25 - 62ch 同)、オールバンド(13 - 62ch)対応のアンテナを選択する。最近は対応チャンネル(周波数)を特定地域の地デジチャンネルに絞り込むことで、小型・高性能(動作利得)化したアンテナ(マスプロ電工の「LS14TMH(東・名・阪専用)」など)、13 - 52ch用のUHFアンテナ(20素子)が発売されている。

出典wikiぺディア参照

放送区域内(送信所に近い強・中電界地域(電界強度60dB以上))向けに一般的な八木・宇田アンテナより小型で特殊な形状(板状や太い棒状など)のUHFアンテナが各メーカーから発売されている。

出典wikiぺディア参照

アンテナ工事をするのにかかる費用は?

アンテナ工事に必要な費用は工事費、アンテナ本体の料金、その他必要に応じて備品などが必要になります。地デジだけ受信できればいいという場合は地デジのアンテナを工事で設置すればいいのですが、BS・CSなどのチャンネルなどを見たいという場合は別で衛星アンテナを設置する必要があります。

アンテナの種類(八木式アンテナ・デザインアンテナ等)や、
設置場所、お住まいの地域の電波状況などににもよって変わりますが、
地デジのみの場合は3万円~6万円程度で、
BS・CSのアンテナと一緒に設置する場合は5万~10万円程度が相場になるようです。

アンテナ工事の見積書を10社からとってみた!費用の目安と平均相場はいくらか?
実際に見積書を比較してみました!

工事をお考えの方はこちらのサイトを参考にしてみてください。

アンテナ工事の業者にも悪徳、ボッタクリ業者がいるので注意!

一般的な商品の売買と違い、アンテナそのものの知識があまり無いお客さんも多いことから「こんなはずじゃなかった・・・」という声が多いのがアンテナ工事。
実際私も調べ始めるまでは知らなかった様々なトラブル。実際にあったトラブルとその対応策をまとめてみました。

1





bright1104kmさん

このまとめに参加する