1. まとめトップ

必見!コピー機のよくあるトラブル解消まとめ

コピー機のよくあるトラブルとその解消法をまとめてみました。各コピーメーカーのQ&A、サポートページもまとめました。

更新日: 2016年09月09日

0 お気に入り 636 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

bbmamemameさん

■色がにじむ・文字がかすむ

インクカートリッジには使用期限の日付が記載されていますが、それを過ぎて古くなったインクを使うことで、インクが出にくかったり、かすれたりという現象が起こります。

印字ヘッドと呼ばれる部分が目詰まりを起こしていると、インクがにじんでしまう場合があるので、ヘッドクリーニングをしてから印刷チェックをしてみましょう。

プリンターには用紙を送るローラーが内蔵されていますが、これが汚れていたりホコリが付いていたりするとその部分がにじみの原因になるので、ティッシュや布でローラーの汚れを拭き取ってください。

【色がにじむ・文字がかすむ場合の対処まとめ】

1.印刷したものが、色がにじむ・文字がかすむ場合は、インクカートリッジが古くないかどうか、インクカートリッジをセットして日数が経ちすぎていないかをチェックする。

2.印字ヘッドが目詰まりを起こしている可能性があるので、チェックする。
ヘッドクリーニング機能を使ってみてから、再度印刷してみる。

3.用紙を送るローラーが汚れている場合があるので、綺麗にしてから印刷してみる。

■印刷したものに線が入ってしまう

印刷用紙が乾燥または湿気っていませんか。
一度別の用紙に交換して試してください。また、本体に対応していない用紙を使用していないかも合わせて確認してください。

コピー機本体の原稿ガラス・原稿押さえが汚れていませんか。
アルコールまたは薄い中性洗剤をつけた柔らかい布で拭いてください。

【線が入ってしまう場合の対処まとめ】

1.印刷用紙が湿っていないか、湿気っていないかをチェックする。
併せて、そのコピー機に適合しているコピー用紙を使用しているかを確認する。

2.原稿ガラス面に汚れやキズが付いていないかを確認する。
原稿ガラス面の汚れをキレイにとって、印刷を再度してみる。

■紙詰まりを起してしまう

まずは、なぜコピー機・複合機は紙詰まりを起こすのか?
紙詰まりの“原因”を解説しましょう。
・用紙が正しくセットされていない
・用紙が折れたり波打っている
・裏紙を使用している

紙つまりにはさまざまな原因が考えられます。
その中で主な原因としては、
・用紙を送り出す部分「給紙ローラー」の摩擦力低下
・結露による用紙の湿気
が考えられています。

【紙つまりの場合の対処まとめ】

1.まずは、用紙が正しくセットされてるか、用紙がそもそも曲がっていないか、裏紙を使用していないか、用紙が湿気っていないかどうかを確認して、正しくセットする。

2.「給紙ローラー」を確認して、ローラー自体に異常がないかどうかを確認する。

■電源が付かない

電源が入らない場合、まずはきちんと電源が入っているか確認しましょう。
機種によっては、電源が一つだけでなく、2個3個のものもあります。

次に電源コードが奥まで正しく差し込まれているか確認します。
その際、たこ足配線になっていないかもチェックします。

パソコンとコピー機とをつなぐ接続ケーブルがきちんと接続されているかを確認します。
以上の事を確認し終わったら、一度コピー機とパソコンの電源を切ります。
そして、もう一度電源を入れ直します。電源を切って入れ直すことで、動き出す場合も多いです

【電源が付かない場合の対処まとめ】

1.そもそもコピー機を動かすのに必要な電源のすべてが入っているかを確認する

2.電源コードがきちんとコンセントについているかを確認する。

3.パソコンとコピー機とをつなぐ接続ケーブルも、きちんと接続できているか確認する。

4.すべて確認して整ったら、もう一度電源を消してみて、再度電源を付けてみる。

■コピー機・複合機のメーカーまとめ

コピー機のトラブルは様々のものがあります。そして、コピー機のメーカーも様々です。
トラブルを起こした際は、メーカーのヘルプ・メンテナンスのHPを参考にしましょう。

1