1. まとめトップ

口下手を本気で克服する3つの方法まとめ

口下手を克服する方法をまとめた結果、3つのノウハウにたどり着いた件について

更新日: 2016年09月10日

40 お気に入り 10257 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

micox2さん

焦らずゆっくりと治す

「失敗してはいけない、と思えば思うほど緊張するものです。友だちや家族と話すように、リラックスして話せばいいのです」

「口下手だと思われてもいいじゃないですか。上手に話そうとせず、ありのままの自分を相手に見せましょう」

さっそくですが改善方法を書きます!

原因とか細かいウンチクはどうでもいいでしょ?
だって知りたいのは口下手の克服方法ですから。

なのでいきなりですが改善方法から書いちゃいます!

「聞こう」という気持ちさえあれば、自然と相槌を打ったり、頷いたりしているはずです。相手はそれを見ています。聞いてくれているんだなと、わかってくれているはずです。

返事をしなきゃ、説明しなきゃと焦ってしまうと、早口になってしまいがちです。意識してゆっくり話をしてみましょう。

長くしゃべったからいいってものではありません。短くても、“伝われば”成功です。なによりも、一番大切なのは“気持ち”です。

まだまだあるぞ! 口下手克服方法

口下手のあなたが、まず心がけるべきこと。
それは「相手に話させる」という点です。

これは強く意識しておいてください。

ほとんどの人間は本能的に
「相手の共感を得たい」という願望をもっています。

つまり「自分のことを話したい」という願望です。

この本能を利用して
「相手にいかに多く話させるか」が
会話術の最重要ポイントなのです。

また自己開示をすることで相手は安心します。
(自己開示とは自分のことを話すと言う言葉です)

得体の知れない相手は 話していて気持ち悪いですからね。

自分が何者なのかを知ってもらいましょう。
ただ、自分ばかり話しすぎないよう注意してください。

無口を克服するトレーニング

•感想を口に出して言う
◦食事や趣味・娯楽の感想も、なるべく言葉にする
◦テレビ番組や漫画・小説などに一人でつっこむ

•人以外のものに喋りかける
◦犬猫といったペットと会話する
◦植物やぬいぐるみなどに語りかける

独り言を習慣にすることによって、今の自分の気持ちをアウトプットすることに慣れます。

また、自己主張力を上げることができます。
とっさの会話の返しも上達します。

一対一で慣れてからグループの会話へ

いきなり複数名でのグループの会話に入っていくのは難しいので、
まずは一対一の会話から慣れるようにします。

早く無口キャラから脱出したい気持ちは分かりますが、
焦る必要はありませんので、ゆっくりと練習していけばいいんです!

一対一の会話と違い、複数名での会話はタイミングが遅れると、
「その話はもう終わったよw」となりますので、テンポを意識する必要があります。

今まで黙ってることが多かった場合、
話に入っていくタイミングをつかむまでに苦労しますが、
日々の会話で意識的にトレーニングをしてると、次第に感覚が磨かれてきます。

口下手を克服した先にあるもの

紹介した改善方法を、あなたのお悩みの解消にぜひ役立ててください。

口下手を解消することで恋人ができたり、友人を作れたり、
会社で怒られることが減ったりなどなど…

メリットは数え切れないほどあります^^

まずは焦らず、ゆっくりと!

1