動線の中心にリビングを置き、リビングからキッチンや水まわり、あるいは2階の個室へと直接行けるようにした間取りが増えています。こうした動線構成にすると、廊下の面積が減って居住空間が広がります。またリビングを介して個々のスペースが連続し、家族の結びつきを感じる生活空間を得られます。

出典動線、収納の工夫で暮らしやすさをアップ|注文住宅 茨城 自然素材の家 株式会社クラフト

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

これは便利!家事動線を考えた間取りまとめ

家を建てるにあたって間取りで重視したいのは家事動線。無駄な移動がなくなることで、家事が楽になる間取りについてまとめてみました。

このまとめを見る