1. まとめトップ

【バイク】VTR250のカッコいいカスタムまとめ【HONDA】

VTR250のカスタムをまとめました。フルカウル/ハーフカウル化されているものと、ネイキッドのままカスタムされているものを分けています。

更新日: 2017年06月14日

hideKさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
2 お気に入り 98763 view
お気に入り追加

はじめに

本まとめは、VTR250のカスタムされたマシンでいいなと思ったものの画像を集めたものです。

VTRは、カスタムされたマシンがかなり多かったので、
1. 大きくフルカウル/ハーフカウルにカスタムされたもの
2. ストファイ指向でカスタムされたもの
3. ネイキッドのままカスタムされたものの3種類に分けました
(2016/11/07 以前は2種類でしたが、ネイキッドとストファイで結構毛色が違う感じだったので分割)

最初がネイキッドのままカスタムされたもの、次にストファイカスタムされたもの、最後がフル/ハーフカウル有りにカスタムされたものです。

カスタムの参考にどうぞ。

ネイキッドタイプのカスタム

A-TECHさんのVTRカスタムです。
ビキニカウル、ラジエターガード、アンダーカウル、など、A-TECHさんのパーツを使用してカスタムするとこうなる、という見本です。
ネイキッドカスタムの正統派という感じです。

2016年9月現在、VTR250 カスタムで検索すると、最も上位に出てくるVTRの機体です。
カスタムショップREFINEさんのカスタムマシンです。
タンク、カウルの塗装がシンプルですがカッコいいですね。
マフラーフェンダーレスなどは分かりやすいですが、スイングアーム延長カスタムも施されているようです。お金かかりそうですね。

こちらはマジカルレーシングさんのカスタムパーツで固められた本家のマシンです。
スクリーン、アンダーカウル、ショートフロントフェンダー、リアフェンダーなど、マジカルレーシングさんのカスタムパーツが随所にみられます。

こちらは、私がVTRを保有していた時に、何度もブログをみさせて頂いた方の期待です。
緑という特異なカラーリングが目を惹きますが、シャークフェンダー、テールカウル、モリワキフォーサイトサイレンサーなど、他にも数多くの唯一カスタムが施されています。
カスタムだけでなくメンテナンスもわかりやすくブログ化されていますので、本当に参考にさせて頂きました。

こちらは、いつか私が所有していたマシンです。
ガイラシールド、才谷屋アンダーカウル(加工)、アップマフラーなどのカスタムが施されています。
ガイラシールドは良いですね。
ネイキッドタイプのバイクにはかなり似合いますし、風防効果も高いのでかなりおススメです。

こちらは、レースに参戦されていた機体のようです。
目を惹くオレンジカラーリング、テールカウル(かシートのカラー変更?)、大きなアンダーカウル、バックステップ、ゴールドチェーン+スプロケと、かなりレーシーになっています。

こちらは、東京モーターショーに出展されていた時のVTRのようです。
純正カスタムパーツ装着版も出展されていたんですね。
ビキニカウル、サイドシュラウド、アンダーカウル、テールカウルなどですね。
ちなみに、こちらは09年以降のFI版のVTRですので、テールカウルはキャブ版の機体には装着できません。

ストリートファイタータイプのカスタム

2眼&ショートシートが際立つとてもクールなストファイになっているマシンです。
ヘッドライト, メーターバイザー, フェンダー, ブレーキディスク, キャリパー, マスター, アンダーカウル, マフラー, シート(シートフレームも!?)などなど、タンクとフレーム以外からVTRと分かるのが難しい機体になっていますね^^;
しかし、全体が同一色で綺麗にペイントされていて統一感があり、とてもカッコイイです!

(2016/11/07 追加)
ストファイカスタムされたVTRです。
2眼がやる気を感じさせます。
ローハンドル、バーエンドミラー、マフラー、シートレザーなどが変更されています。

ストファイ系のカスタムですね。
こちらも、カスタムショップREFINEさんのマシンです。
片持ちスイングアーム、倒立フォーク、センターアップマフラー、など、ド派手なカスタムの他、フロントマスク、ブレーキマスター、メーターパネルなど、かなり手が入っています。

カッコいいバイクカスタムパーツ制作でお馴染みの、才谷屋さんのVTRカスタムです。
単眼プロジェクターのフロントマスク、ロングタイプなアンダーカウルなど、VTRでも素敵なパーツを販売されています。

こちらはかなカスタムされた機体ですね。
完全にストファイです。
ヘッドライトは3段LED、ロー気味のハンドル、バーエンドミラー、超ショートシート、超ショートマフラー、アンダーカウルなど、フレームを見ないと何のバイクか分かりません。
横からの画像もありますが...横から見てもフレーム以外は何のバイクか分かりません。

こちらもストファイ系カスタムです。
LEDのフロントマスク、フェンダー変更、純正カスタムパーツのサイドシュラウド、モリワキマフラー、インナーフェンダー、テールカウルなど、変更点多数です。
黒が多めなので、一見おとなしそうに見えて、かなり手が入った機体ですね。

こちらもストファイ系です。
汎用2灯のフロントマスク、スーパーショートなシート、スイングアーム固定のかなりカッコイイフェンダーと、ストファイ要素満載ですね。

フルカウル/ハーフカウルタイプのカスタム

こちらもA-TECHさん公式ページからです。
A-TECHさんの販売しているハーフカウル装着版です。
死ぬほどカッコイイ...
ですが、カウルのお値段も死ぬほど高いので、手が出せません。

こちらは、カスタムバイク/パーツ販売のM-Styleさんのカスタムマシンです。
VTR250RRとしてこのVTR600RR風フェイスのVTRを販売しているようです。
サイドも十分カッコいいですが、フロントから見るとホントカッコいいです。
テールも戦闘的で(お尻にもかなり負担がかかりそうです)かなり良いです。
お値段は高そうですが...

こちらは、MOTO BUMさんの機体です。
レース用のVTRカスタムパーツを販売されています。
カウルセットはかなりお高いですが、溶接不要でカウル装着できるようなので、その点はかなり良いですね。

こちらは、アプリリアのRS50カウルを装着した機体です。
な、な、なんと、装着するのに1万円程しかかかっていないようです。すごい!
さらにマフラーはSP忠男の2本出しマフラーで、リアビューもかなりボリュームがあります。
トラスフレームが隠れているので...何のバイクか分かりません。

こちらは、ネイキッド編の方でご紹介しました、緑色のVTRの方のご友人の機体のようです。
CBR600RRカウルを装着されています...
うーん!カッコイイ!!!!
VTRのフルカウル化は、そんなに簡単ではないと思うのですが、かなり多いですね

こちらは、ハーフカウル化された機体です。
恐らく、最初に紹介したA-TECHさんのカウルだと思いますが...こんなに大柄なんですかね?
すごく印象が代わりますね。

こちらの機体は、CBR600RRカウルを装着しています。
みんカラのページでカスタムの様子をかなり詳しく残していますので、フルカウル化を検討している方はかなり参考になるのでは、と思います。

出典whouse.jp

ホワイトハウスさんの手がけたVTR250のコンプリートカスタムです。
もう、VTRではないですね。トラスフレームとシンプルなマフラーが無ければ本当になんのバイクか分かりません...
現在は、ホワイトハウスさんのページに表示がないので、販売されていないのだと思いますが、今でもネットでこの機体の画像が散見されますね。

ちなみに、フロントフェイスだけでなく、リアもすごいです。

1





新人SEです。バイク、ツーリング、写真が趣味です。PC関連ネタ、バイクネタ、写真ネタについて色々書きたいと思います。