場面緘黙症の発症は2歳から5歳ぐらいと言われていますが、実際に診断されたり、治療が開始されるのは6歳から8歳、つまり小学校入学後が多いようです

出典場面緘黙症とは…?

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

話せと言わないで…家族でも気づきにくい場面緘黙症とは

家や家族の前では普通に話せているのに、学校などでは話すことが出来ない症状があれば場面緘黙症かもしれません。

このまとめを見る