1. まとめトップ

密室になるだけにトラブル多し?暴走も被害も多いタクシードライバー

酔っぱらいなどに絡まれ被害も多い一方で、本当に接客業?と疑ってしまう荒っぽさや不愛想の年配ドライバーなど密室な空間になるだけにトラブルも多いタクシー。もちろん一部?のドライバーと乗客だけですが…

更新日: 2017年08月07日

egawomsieteさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
1 お気に入り 1475 view
お気に入り追加

■タクシーの運賃事前確定システムの実証実験スタート

スマートフォン向け専用アプリを活用し、目的地までのタクシー運賃を乗車前に確定させる新サービスの実証実験が7日、東京都内で始まった。渋滞や回り道で運賃が高くなるといった不安を解消し、利用者を増やすのが狙い。国土交通省は効果を検証した上で、全国展開も視野に本格導入を目指す。

 東京ハイヤー・タクシー協会の川鍋一朗会長(日本交通会長)はこの日、東京都港区の自動車販売店で開かれた出発式で「降りるまで運賃が分からないという課題を克服し、産業全体をアップグレードしたい」と力を込めた。「来年中には本格実施に移りたい」と早期普及にも意欲を示した。

実証実験は、東京23区と武蔵野、三鷹両市で実施。利用客が専用アプリに乗車地と目的地などを入力すると、迎車料金を含む事前確定運賃が算出され、利用客が承認ボタンを押すと、タクシーが指定の場所に配車される。料金が3千円以上となる配車で利用できる。

 実験では、事前に確定した運賃が実際の走行距離などに照らして適切だったかを確認。さらにメーターをカバーで覆った状態で運行し、利用客の反応をアンケートで調べる。

 10月6日まで、日本交通や国際自動車など4グループ44社の4648台が参加する予定だ。第一交通の田頭寛三社長は、2020年東京五輪・パラリンピックを見据え「知らない土地に来た訪日客にも乗りやすくなる」

■大阪のタクシー、1300台削減…来春までに

大阪市とその周辺で営業するタクシー事業者などでつくる「大阪市域交通圏タクシー特定地域協議会」は31日、法人タクシーの台数を2018年春までに9・4%減らす計画を国に提出した。

15年11月時点(1万3509台)から約1300台減る見込みだ。

 過当競争を抑え、タクシー運転手の給与など処遇を改善する狙いがある。国が計画を認可した後、各事業者が削減する台数や曜日ごとの営業制限を設ける。

 タクシー業界は規制緩和で競争が激化し、運転手の収入減などが問題となっている。14年には改正タクシー特措法が施行され、新規参入や増車を認めず、削減台数を協議会で計画できる制度が設けられた。

 大阪では15年11月、大阪、豊中、吹田、守口、門真、東大阪、八尾、堺(旧美原町の区域をのぞく)、池田(大阪国際空港の区域)の9市が特定地域に指定されている。

■タクシー相乗り 東京五輪見据え導入検討へ

東京オリンピック開催時などのタクシーの効率の良い利用を促すため、国土交通省は、タクシーに目的地が近い客同士を相乗りさせる「タクシー相乗りサービス」の実証実験を行うことを明らかにした。
石井国交相は「本年度、相乗りタクシーの実証実験を実施して、その結果をふまえて、必要な制度を検討したい」と述べた。
タクシー相乗りサービスは、スマートフォン向けの配車アプリを活用して、目的地が近い利用者同士をマッチングさせ、1台のタクシーに相乗りさせることで、割安でタクシーを利用できるようにするサービス。

2020年の東京オリンピックを見据え、外国人旅行客などのタクシー利用者が増えることが予想されることから、国交省は、2017年度中に相乗りサービスの実証実験を行い、全国の都市部での導入に向けて、検討を進めることを明らかにした。
国交省は、実証実験の結果をふまえて、必要な制度を検討するとしている。.

■81歳のタクシー、歩道500m暴走 乗客飛び降りけが

東京都台東区の白鬚橋(しらひげばし)近く都道で13日午後11時半ごろ、タクシーが歩道に乗り上げて約500メートル暴走、居合わせた男性警察官(22)と自転車の女性(41)がはねられてけがを負った。いずれも命に別条はないという。乗客の女性(31)も車外に飛び降り、軽傷を負った。

 警視庁向島署は同日、タクシー運転手の男(81)を自動車運転死傷処罰法違反(過失運転致傷)容疑で現行犯逮捕した。容疑を認め「すみません」と話しているという。

 署によると、タクシーは走行中に信号無視を繰り返し、現場近くの交差点で信号待ちをしていた車に衝突して一度停止。危険を感じた乗客の女性はタクシーを飛び降りたが、男はそのままタクシーを発進させて歩道に乗り上げ、歩道にいた警察官と自転車の女性をはねたという。

■雑談自粛のタクシー好評、「味気ない」の声も

「景気はどうですか?」「週末は雨らしいですよ」――。

 車内で交わされるおなじみの雑談を、あえて自粛するタクシーが京都に登場した。乗客からは「ゆっくりできてありがたい」とおおむね好評だが、「味気ない」という声もある。〈しゃべらないタクシー〉は、業界に一石を投じるのか。

導入したのは京都市の「都タクシー」。3月21日から、保有する約300台のうち10台を「サイレンス車両」に指定し、運転手からの声かけを控えると車内に掲示した。行き先や道順はもちろん、乗客から話しかければ応じるが、運転手から話を振ることはない。

 発案したのは、運行管理を担当する社員の網島透さん(44)。タクシーを利用し、「景気、悪いでしょ」「バブルの頃は……」と一方的に話しかけられたとき、迷惑に思ったことがあり、社内会議で提案した。

■タクシー相乗り、来年度に実証実験=出発地で運賃確定も―国交省

国土交通省は9日、規制改革推進会議の会合で、目的地が同方面の客がタクシーに相乗りすることや、出発地で運賃を確定させることが可能かどうかを調べるため、2017年度に営業車両を使った実証実験を行う方針を明らかにした。

 
 相乗りや出発地での運賃確定は、タクシー業界側が要望。相乗りが認められれば、乗客1人当たりの負担金額軽減や、待ち時間短縮などのメリットが期待できる。

 現在、タクシー運賃は車輪の回転数などを基にメーターで計算されている。規制緩和により、全地球測位システム(GPS)を活用して出発前に運賃を明示できれば、乗客の安心感が増し、利用増加につながるとの意見がある。

■「タクシーで、怖い出来事がありました」女性が注意喚起 もし、トラブルに遭ったら

ある日、池袋からタクシーに乗ることにした梅さん(@ume69_ume)。運転手に行き先のコンビニを伝え、ちょっとした世間会話をしようと思いました。

梅さん「1キロ410円になって、乗りやすくなりましたよね~」

運転手「いや、そんなこともねぇよ。
410円なんて、たかが1キロだろ?そんな短い距離でタクシー乗る奴なんて、そうそういねえよ」

なんだか荒っぽい言葉遣いに「ん?」と思った梅さんは、会話を切り上げスマートフォンをいじることに。

数分後、「そろそろ着く頃だな~」と顔を上げてビックリします。

(運転手…道間違えてる!!!)

急ぎ運転手にタクシーを停めてもらい、正しい道を伝えることに。正しい道に行くには、曲がるかUターンしなくてはなりません。

しかし運転手はまったく悪びれもなく、相変わらず横柄な態度。料金ストップのボタンを押すと、「で、どうするの?」と言ってきたそうです。

梅さん「じゃあ、もう降ります。ここの道まっすぐ行っても、コンビニはないので」

運転手「そこの道だろ?行くよ」

梅さん「そうですか?じゃあ、行ってください」

ここで梅さんは目を疑います。運転手が、先ほど止めた料金ボタンをもう一度押したのですから。

(間違えたのはそっちなのに、謝罪もナシ?
しかも、"降りる"って言ったのに"行くよ"って言ってきて、また料金加算するの!?)

そんなモヤモヤを抱えつつ、目的地のコンビニに到着。料金メーターに目をやると、道を間違えたせいで金額が高くなっていました。

「810円ね」と言われ納得できない梅さんは、ここで運転手にハッキリと物申すことにします。

梅さん「あの、道間違えたのもそちらですし、目的地のコンビニの位置わかるって言ったのに知らなかったですよね。
そちらの不備なので、さっき止めた時の料金にしてください」

運転手「おめぇええぇえ!!この野郎!!
7300円や8100円の金額でもねぇのに、こまけえことイチイチ言いやがってふざけんじゃねえ!!!潰すぞオラァ!!!」

突然大声で怒鳴りだした運転手を見て、目が点になった梅さん。しかし、あくまでも冷静に対応します。

梅さん「いや、料金の問題じゃないんです。
あなた目的地のコンビニ知ってるって言いましたよね。だから任せたのに、道間違えましたよね?
料金を払わないって言っているわけじゃないですし、道間違えた後のぶんは正当な請求じゃないですよね?って意味で言ったんです」

運転手「ふざけてんじゃねぇよ!こっちは天下の〇〇交通だぞ!ケンカ売ってんのか!?おめぇなんか、すぐ潰せるんだぞ!ナメてんのか!?ああっ!?」

もはや、梅さんの話を聞いていないほど怒っている運転手…。

「話にならない」と思い、810円を払うと領収書を請求しました。後ほど、タクシー会社に連絡しようと思ったのです。しかし、運転手の怒りはおさまりませんでした。

運転手「おめぇのようなクレーマーは、どうせ匿名なんだよ!
名前言う度胸もねぇくせに、ネチネチとこまけえことばっか言いやがってナメてんのか!?殴るぞコラァ!!
名前も言えねえくせに調子に乗ってんじゃねえぞ、このアマ!!」

梅さん「〇〇(名字)です。領収書ください」

名前を言っても、運転手は相変わらず怒鳴り散らすばかり。

その後『領収書くださいと言う→怒鳴られる』を10回以上繰り返した結果、やっとビリビリの領収書をもらえたそうです。

運転手「お前の顔、覚えたからな!!ナメてると痛い目見るからな!!」

そんな暴言を浴びつつ、梅さんは急いでその場を立ち去りました。帰宅後、タクシー会社へ連絡をすることにします。

梅さんによると、運転手は懲戒処分になったそうです。また、タクシー会社の所長が謝罪しに来たのだとか。

「本来は、被害届を出されても仕方がない内容だった」

そう言われた梅さん。あまりにも酷い出来事に、タクシー会社の職員も驚きを隠せなかったそうです。

この出来事を受け、梅さんは「特に、女性ひとり乗りの際は気をつけてください」と注意喚起。投稿は拡散され、驚きの声が上がっています。

もちろん、しっかりと職務を全うしている運転手がほとんどであり、この運転手は例外です。

しかし梅さんの投稿には「ここまで酷くはないけど、タクシーで嫌な思いをしたことがあります」という声も多数寄せられています。

【もし、嫌な思いをしたら…】
ICレコーダーで会話を録音する運転手の身分証明カードを撮影しておく領収書をもらうタクシーの登録事業を担っている『タクシーセンター』に連絡するひどい場合は警察に連絡
寄せられていたタクシーでのトラブル対処法は、上記の通り。

トラブルに遭ってしまった際、自分の身を守れるのは自分です。万が一に備えて、覚えておくことをお勧めします。

■女性客乗せ尻出したままタクシー運転の疑い、60歳運転手を書類送検「2年前から、苦情なかった」 京都府警

タクシーの車内でズボンを膝まで下ろして尻を出したまま乗客を乗せて運転したとして、京都府警は13日、軽犯罪法違反(身体露出)容疑で、大津市に住むタクシー運転手の男(60)を書類送検した。「運転中にズボンが窮屈だった」と供述し、容疑を認めているという。

書類送検容疑は、昨年5月12日午前8時ごろ、京都市内を走行中のタクシー車内で、乗客の30代女性を後部座席に乗せた状態で尻と太ももを露出したとしている。

 府警生活安全対策課によると、女性がタクシーに乗り込んだときにはすでにズボンと下着を膝まで下ろしていたとみられ、約20分間にわたってそのまま運転していた。ズボンを下ろしていたものの、後部座席の女性客からは太ももと尻しか見えなかったため、同法違反容疑を適用した。

 調べに対し、「2年前からやっていたが、これまで苦情もなかった」と供述したという。

■“初乗り410円”開始1週間…タクシードライバーたちの嘆き

1 2 3 4 5





時事系のメルマガを08年から配信と(平日刊)。他に競馬(週3回)のメルマガを配信しています。他では自閉症の息子関連ブログなど