1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

makaizouさん

【将来どういう国を目指すのか、具体的な提案を憲法審査会に提出していただきたい】蓮舫「・・・」

改憲“踏み絵”迫られた民進・蓮舫代表 党内の憲法議論で党分裂も

民進党の蓮舫代表が“踏み絵”を迫られた。安倍晋三首相から、憲法改正について具体的提案をするよう求められたのだ。党内には改憲派から護憲派までおり、振れ幅が大きく、党分裂につながりかねない。党内の求心力を失いつつある蓮舫氏は“パンドラの箱”を空けられるのか。蓮舫氏「新聞では気持ちよく話し、国会で話さないのは責任放棄だ」「憲法の何を変えたいかではなく、自分が総理のうちに変えたいとしか見えない」

安倍首相「将来どういう国を目指すのか、具体的な提案を憲法審査会に提出していただきたい」

蓮舫氏は9日の参院予算委員会で、安倍首相に舌鋒鋭く切り込んだ。安倍首相はいつもの揚げ足取りと感じたのか、蓮舫氏に反撃する余裕すら見せた。安倍首相は、憲法記念日(3日)に合わせた読売新聞のインタビューなどで、「2020年を『新しい憲法』が実施される年にしたい」「(憲法9条について)1項、2項をそのまま残し、自衛隊の存在を記述することを議論してもらいたい」と述べた。

安倍首相は9日の同委員会でも、「まずやるべきは自衛隊についてだ。憲法学者の7、8割が違憲と言っている状況を変えるのは、私たちの世代の責任だ」「政治家に大切なのは立派なことを言うだけでなく、結果を出さなければいけない」などと語り、蓮舫氏に対し、憲法について民進党の独自案を出すように迫った。

ところが、蓮舫氏はこれに真正面から答えなかった。民進党にとって憲法論は党分裂につながりかねない“鬼門”だからだ。

最近も、細野豪志元環境相が改憲私案を発表し、その後、執行部との路線の違いを理由に代表代行を辞任した。本格的な憲法論議はタブーともいえる。蓮舫氏はこの日の質疑後、記者団に「(憲法に関する党内の意見集約について)逃げていない」と答えた。北朝鮮や中国の現実的な脅威を前にして、国民や国をどう守るのか、自衛隊を憲法にどう書き込むのか。民進党としても、蓮舫氏としても真価が問われている。

民進党・蓮舫代表「早く政権交代しないとこの国はおかしくなる」

「政権交代しないとこの国はおかしくなる」「次の選挙でも目指す」民進党・蓮舫代表がテレビで

民進党の蓮舫代表が3月31日にテレビに出演、政権交代の必要性を訴えていました。

蓮舫代表は3月31日、BS日テレ「深層NEWS」に出演し政権交代の必要性について「出来るだけ早くしないとこの国はおかしくなる」と語ると共に次の衆議院議員選挙でも「当然目指す」と強気の姿勢を示していました。

アナ「ではその政権交代、蓮舫体制ですねいつまでに政権交代成し遂げたいとお考えですか」
蓮舫「出来るだけ早く。そうしないとこの国はおかしくなります」
アナ「次の選挙はどうですか」
蓮舫「次の選挙でも当然目指します」

しかしこれに続いて「過半数しっかり擁立して?」と問われるとこれには答えずこのように答え、明らかにしていませんでした。

蓮舫「国民が、選べる政治を作らなければ、民主主義は権力の言われるがままに流れていってしまうのはこれは次の世代にとって不幸です」

意気込み先行の感が否めなかった蓮舫代表はこれに先立ってもかつて旧民主党が政権にあったことによるデメリットとして現在、「無駄に財源を現実的に考えてしまう」とする点を挙げ、「諦めみたいなもの」を「取り払いたい」と語っていました。

これは民進党の身内からも危機感が出ているとの指摘に答える形で「まったくその通り」とした蓮舫代表が、旧民主の政権時代を知っている議員たちが「政権時代を知ってるが故に自分達で遠慮してしてしまうとか、あるいは政権に就いたらここは非現実的だねってある意味一歩下がるような文化」に染まってしまっている一方で旧維新や旧みんなの若く政権時代を知らない層が民進党に加わっている点を強みだとする認識を示した中で出ていたもの。

蓮舫「あの、無駄に財源を現実的に考えてしまったり、あるいはこれは政権に就いたらおそらく出来ないだろうなって諦めみたいなものがずーっと覆ってるっていうのかな、この部分やっぱ取り払いたいなと思ってるんです」

まるで非現実的に考える方がいいと言わんばかりだ、と受け止められかねない蓮舫代表の率いる民進党が次の総選挙で果たしてどれだけの国民に支持されるのか、今後の政党支持率が注目されます。

1月12日に民進党・蓮舫代表の定例記者会見が開催されましたが、韓国への対抗措置についての言及がなく不自然な印象が否めません

蓮舫代表の会見は約30分間で民進党が動画を公開していますが、語られていたのは長時間労働是正問題や男女共同参画推進法案で、記者からの質疑も共謀罪や野党共闘、トランプ氏の記者会見に皇位検討問題、それに東京都議選における小池都知事との連携についてなどで、国民の間で関心が高い韓国の慰安婦像問題と政府の対抗措置についての言及はありませんでした。

隣国である韓国との間に生じている政治的な緊迫関係について民進党や蓮舫代表はこれまで約1週間、発言を避けていると言ってもいいほどこの問題についての声を発していませんが、同時に蓮舫代表の記者会見において韓国への対抗措置を野党第一党の党首としてどう捉えているのかという質問をメディアがまるで禁じられているかのようにこれに消極的であるという点も含めて考える必要がありそうです。

民進党のWebサイトでも政府の対抗措置についての明確な意見表明は見当たらず、大使や総領事の帰国や通貨スワップ再開協議の中断が外交上、経済政策上日本にどのような影響を及ぼすのかとの観点からの指摘を放棄しているという意味では野党第一党としての役割を果たしているとは到底言えません。

これが政府支持を明確にしたくないからという政治家・政党にあるまじき態度からであるのか、それとも今回の件で政府を批判することによる国民からの反発を恐れているためなのか、或いは日本と同様に韓国への締め付けを強めつつある中国の立場が関係しているのか、いずれにせよ民進党と蓮舫代表の現在の沈黙に対しては国民が厳しい目を向けるべきであり、マスコミも韓国への措置と慰安婦像問題に関する今後についてどのように考えるのかを厳しく問うべきです。

どのような理由に依るにせよ日韓関係に大きな影響を及ぼしているだけでなく、国民にとっての重要な関心事であることに疑いのないこの問題について民進党や蓮舫代表、それにあたかも民進党の沈黙に寄り添うかのようなマスコミの姿勢については今後更に注視していくべきポイントと言って良いでしょう。

告発状は  東京地検に 正式に受理されたそうです。

蓮舫参議院議員を東京地方検察庁に告発しました
2016-10-28

私たちは10月28日午後2時、民進党代表の蓮舫参議院議員を「国籍法第14条(国籍の選択)並びに公職選挙法第235条第1項(虚偽事項の公表罪)違反」の罪により、東京地方検察庁に告発しました。告発状は受理されました。ご報告いたします。

蓮舫は、一旦、台灣国籍を放棄しておいて、 ほとぼりが冷めたところで、日本に居ながらにして、 書類の提出だけで 台灣国籍を復活させる腹積もり。

台灣の国籍法上自己の意志で外国籍を取得するとこれが出来なくなるので蓮舫は、なんとしても日本国籍選択宣言だけは避けたいわけ。 
つまらない女だよ。

台湾(中華民国)国籍法では、外国人の配偶者になると内政部の許可を得て国籍喪失。(国籍法第12条)
だがこの場合、「未取得外國國籍時」に限り内政部の許可を得て国籍を回復できる。(国籍法第14条)

台湾国籍法では、第11条第5号の書き振りから判るように二十歳未満の外国籍取得は自己意志による取得とは区別されている(下記参照)。
蓮舫の場合、日本国籍の取得は未成年の時期になされており上記から推測するに、 蓮舫は出生による二重国籍者と同等の扱いになっているのでは。

蓮舫は、先月、台湾国籍を抜く手続きをしたと発表したがこの時の手続きの詳細は?
ひょとして、台灣国籍法第11条の規定の内第5号の「自願取得外國國籍」によるのではなく、第3号「為外國人之配偶者」を理由に手続きしたのでは?
そうだとすると、台灣国籍法第14条の「未取得外國國籍時」であると見なされ将来離婚だか少なくとも書類上の離婚を届け出れば台湾国籍を取り戻せる!

この意図がある場合、日本の戸籍に日本国籍選択宣言が乗れば、自らの願い出により日本国籍を取得したことになり、台湾籍回復の条件「未取得外國國籍時」に該当しなくなる。

なので、絶対に蓮舫は、日本国籍選択宣言は行わない!!

台湾政府の許可証受理せず=蓮舫氏の手続き不備か―金田法相

金田勝年法相は14日の記者会見で、民進党の蓮舫代表が「二重国籍」解消のために行ったとしている手続きに関し、「一般論として、台湾当局が発行した外国国籍喪失届(国籍喪失許可証)は受理していない」と指摘した。

蓮舫氏は13日の会見で「戸籍法106条にのっとって適正に手続きしている」と説明している。106条では、二重国籍を持つ人が相手国の発行した国籍喪失許可証を提出すれば二重国籍を解消することができるが、日本政府は台湾を正式な政府として認めておらず、許可証を受理していない。

許可証が受理できない場合は、同104条に基づき、日本国籍だけを所有する意思を宣誓する「国籍選択宣言」を日本政府に提出する必要がある。法務省は台湾籍を離脱する場合、同宣言の提出を求めている。国籍選択の宣言をすれば、手続きした日付が戸籍に明記されるが、蓮舫氏は戸籍謄本の公開に応じていない。蓮舫氏の事務所は「本人がいないので分からない」としている。

戸籍公表できないんだから 日本国籍選択の時期が国籍法違反なんだろう

最悪のケースとして
実は中国との三重国籍
実は母親も在日中国人か在日韓国人で日本国籍取得したのは現在の旦那と結婚してから
とかもあるかもw

国会は、参議院予算委員会で、集中審議が行われていて、安倍首相は、国会議員の「二重国籍」問題に関し、蓮舫代表に疑惑払拭(ふっしょく)への努力をすべきだとの認識を示した。

連日、野党からの攻勢が続く中、13日は、安倍首相が、民進党の蓮舫氏に対して、襟を正す姿勢を求めるなど、与野党の攻防が続いている。

自民党の三原 じゅん子参院議員は「政治家として、戸籍謄本示し、説明責任を果たすこと、これしかないと思っております」と述べた。

安倍首相は「蓮舫議員ご自身の責任においては、国民に対して、努力を払わなければならないものと考える」と述べた。

自民党の三原氏は、「二重国籍」問題について、自民党議員が行ったように、国籍法に基づく国籍選択の宣言を行ったのかどうか、戸籍謄本を示して説明責任を果たすべきだと
指摘した。

これに対し、安倍首相は、蓮舫代表について、戸籍謄本を示して証明する努力をすべきだとの立場を示した。

これまで蓮舫代表は、「台湾当局からの手続き完了の報告と証明をもらった」と説明している。

一方、国会は、焦点のTPP(環太平洋経済連携協定)問題について、14日から審議に入ることで、与党と一部野党の足並みがそろい、論戦の舞台は、TPP特別委員会に移ることになる。

民進・蓮舫代表 戸籍説明せず「極めて個人的な件」  二重国籍問題で維新が証明求めたものの…

民進党の蓮舫代表は6日の記者会見で、日本国籍の選択を宣言した日が明記されている自らの戸籍について、「極めて私の個人的な戸籍の件に関しては、みなさまの前で話をしようとは思っていない」と述べ、内容を説明しない考えを明らかにした。

 蓮舫氏が9月まで日本国籍と台湾籍を持っていた「二重国籍」問題をめぐっては、日本維新の会の足立康史衆院議員が3日の衆院予算委員会で、「蓮舫氏が国籍法で定めた『国籍の選択宣言』をしていない疑惑がある」と指摘。宣言した日を証明するため、戸籍謄本の内容を説明するよう求めていた。

国会議員の二重国籍問題をめぐっては、自民党の小野田紀美参院議員が日本と米国の二重国籍状態を指摘され、4日に自身のフェイスブック(FB)で戸籍謄本を公開した。

 謄本には「【国籍選択の宣言日 平成27年(15年)10月1日】」と記されており、小野田氏はFBで「(今年7月の参院選)立候補前の平成27年10月に日本国籍選択と米国籍放棄手続きを役所で終えました。戸籍謄本にも国籍選択が完了している旨が記載されております」と説明している。

蓮舫氏 不倫疑惑で辞任

環球ネットの報道によると、不倫などのスキャンダルに巻き込まれた日本行政改革大臣の蓮舫氏は、
13日の閣議後に辞任の意を表したことがわかった。
昨年11月、蓮舫氏は週刊誌にある不動産会社社長との不倫疑惑スキャンダルを報道された。
しかもその交際相手は不法薬物使用で逮捕されている。
(中略)

蓮舫氏はこの社長と交際があったことを認めたが不倫ではなかったといっている。

二重国籍を正当化するための嘘は 内乱罪に抵触

台湾の法律  22歳で国籍選択届けの提出について
台湾の公務員として重国籍が認められない職位
(総統、副総統、立法委員、行政院部長級など)に就任したときなどは
日本国籍を喪失することもあります。
また、台湾の国籍法第10条には、
外国籍を有するものに対して
一定の公職の就任禁止が規定されています

二重国籍を正当化するための嘘は 内乱罪に抵触

蓮舫『台湾は中国の一地方であって国ではない、
だから台湾国籍なんか存在するはずない。』 ← 嘘でした
これは台湾籍の者が台湾における中国共産党の支配を認め
国外(台湾)外にて宣伝する行為
つまり中華民国刑法第100条(普通内乱罪)
が適用される

●村田蓮舫こと 謝蓮舫に対する違反容疑

追加
※子供のパスポート
子供の出生証明が台湾にあるか調べてください
国籍法詐欺で摘発できます
※疑惑 追加★2004年の総統選挙に台湾人として 投票行動
※追加 ★脱税疑惑

◆①公職選挙法違反
===========
1985年官報と2004年選挙公報の記載の不一致による
公文書不実記載。
立候補資格のない外国籍を隠す目的で、2004年選挙公報と
HP上に帰化と虚偽の事項を公表。
以降、3回に渡って参議院議員に当選。
証拠隠滅を目的として2016年にHP上の記述を削除。
本人は二重国籍であったが、認識は無かったと説明しています。

◆②国籍法違反
=======
日本国籍と中華民国国籍を二重に取得、維持。
2016年現在でもこの状態が継続している事を既に認める告白を行っています。
期間は26年~31年間で説明は二転三転している状況です。
国籍法16条
~~~~~~~~~~~~

◆③戸籍法違反
======
26~31年間に渡り違法な戸籍を取得、行使

◆④旅券法違反
======
日本国パスポートと中華民国パスポートを二重に所持。
2016年現在、有効な中華民国パスポートを所持していなければ
実施出来ない行政手続きである国籍喪失申請を中華民国に対して
行っている旨の告白を行っています。
中華民国パスポートの有効期限は最大10年であり、告白が事実であれば、
蓮舫氏は参議院議員の立場でありながら、
自ら代表処に赴き、
パスポートの更新を行っていた事になります。

上記犯罪は既に有志による確認が取れており、本人も認めています。
これらは、日台両国の法令に
同時に違反する国際犯罪です。
なお、所得税法違反(脱税)、相続税法違反(脱税)、
犯罪収益移転防止法違反、政治資金規正法違反、等、
未確認の疑惑が多く存在します。
国会議員として、国民に虚偽の事実の公表を行い、
自身の犯罪を隠す目的で虚偽の説明を行い、
現在でも虚偽の説明を続けています。
日台の捜査機関は協力し、
直ちに国際犯罪の実態解明を行ってください。

犯罪が行われた明白な証拠物が、
1985年官報と2004年選挙公報に残されています。
これらの確認を行うだけで犯罪の立証が可能です。
検察は、証拠隠滅を防ぐために
直ちに身柄の確保に動いて下さい。

蓮舫議員は、菅内閣に於いて、
外交問題に関する閣議での討議、決定にも参画しています。
ことは、国会法、内閣法、憲法にも及ぶ重大案件です。
参議院は、直ちに問題の把握分析に努めて下さい。


88 :名無しさん@1周年:2016/09/16(金) 10:08:31.35 ID:Qz3lFg6b0.net
あり得る蓮舫の末路

国籍法違反、日本国籍剥奪

議員資格、遡求無効
歳費など、公費全額返還

政治資金規正法違反、公職選挙法違反、旅券法違反により
逮捕拘束、国外追放、

祖国、台湾で内乱罪、外患援助で死刑。
親類縁者で援助、協賛者も共犯、従犯で投獄。

以上の通り。

“二重国籍”国籍法違反の可能性も~法務省

法務省は15日、民進党の蓮舫新代表のいわゆる“二重国籍”問題に関連して、一般論として日本国籍取得後も台湾籍を残していた場合、二重国籍状態が生じ国籍法違反に当たる可能性があるとの見解を明らかにした。

法務省は15日、「日本の国籍事務では台湾出身者に中国の法律は適用していない」との見解を公表した。これは中国の法律が「外国籍を取得した時点で自動的に中国籍を失う」と定めていることを念頭に、台湾出身の人が国籍を自動的に失うわけではないとの見解を示したもの。

一方で、日本の国籍法は二重国籍の人についてどちらかの国籍選択義務に加え、日本国籍を選んだ場合の外国籍離脱努力義務を定めていて、日本国籍を取得した後も台湾籍を残していた場合、二重国籍状態が生じ、国籍法違反に当たる可能性があるという。

法務省は「国籍法違反に当たるかどうかは個別・具体的な事案ごとの判断になるので一概には言えない」と強調しているが、蓮舫新代表のケースも国籍法違反に当たる可能性が出てきたことになる。

「台湾は蓮舫氏に抗議すべき」野党議員が主張 二重国籍疑惑めぐる発言で

(台北 14日 中央社)立法院(国会)で13日、野党・国民党議員団の廖国棟・総召(院内総務に相当)は、日本の民進党の蓮舫代表代行が、日本と台湾とのいわゆる「二重国籍」疑惑において、「台湾は国ではない」と発言したとする台湾メディアの報道を引用し、政府は蓮舫氏に抗議するよう台北駐日経済文化代表処の謝長廷代表(大使に相当)に訓令を出すべきだと主張した。

13日、すでに放棄したと説明していた中華民国(台湾)籍の保有を明らかにした蓮舫氏。11日の記者会見では、「一つの中国」論で言ったときに、二重国籍とメディアが使うことに驚いていると述べていた。一方、廖氏が引用した自由時報の記事は13日午後現在削除されている。

廖氏の要求に対し、李大維・外交部長(外相)は、謝氏は国が任命した代表であり、必ず適切な措置を取ると強調。訓令の必要はないとの認識を示した。謝氏は2013年、中国大陸のプロテニス選手・彭帥氏が「台湾は国でない」と発言した際、「私の国の名は中華民国」などと反論していた。

また、廖氏は、蓮舫氏が万が一日本の首相になったとしても、政府はまだ「親日」的な外交政策をとるのかと批判。李部長は、政策はずっと国家と人民の利益を基礎としており、特定の国に偏ることはないと強調した。

蓮舫氏は8日、日本メディアのインタビューで、日本が中華民国と断交した1972年以降、自身の国籍は形式上「中国」になっていると指摘。仮に中国(「中華人民共和国」)の法律が適用された場合、外国籍(日本籍)を取得した時点で「中国」の国籍を自動的に喪失しているため、二重国籍には当たらないと主張している。

また、日本と台湾は国交がないため、台湾籍を保有していても、法的に二重国籍と認定されることはないとの見解も示していた。

国際問題引き起こしてまで 日本に迷惑かける多重国賊

すでに台湾激おこwwwwww
まだ国籍抜けてないwwwww
蓮舫どうすんだww

台湾を中国共産党に売った
売国奴の馬英九元総統が蓮舫を援護射撃(笑
馬:「蓮舫が二重国籍?そんなはずありません。台湾は中国の一地方なので国籍なんかある筈がない」
蓮舫:「(援護キタwwww)台湾は中国の一地方であって国ではない、だから台湾国籍なんか存在するはずない!キリッ」(だから、私は日本人www)

台湾民進党&
台湾島生まれの国民(本省人)激おこ
「父の生まれた台湾を否定か!!裏切り者の売国奴!!」
台湾立法院の管碧玲:「この残酷女!!(狼心的女人)」
台湾外交部長(外務大臣)李大維:「この落とし前は、駐日代表の謝長廷に付けさせてやる!」

そして出てきた謝長廷駐日台湾代表。
この人がヤバい頭いい人で、国民党政権、
青幇から何度も抹殺されかけているのに、
毎回刺客を交わして生き延びている天才的な人物。

謝長廷は、しれーっと
「あれー、蓮舫さんの台湾国籍ありましたね~」と発表。
だから、蓮舫は慌てて記者会見を開いて
「台湾国籍在りましたが、抜きました」
と発表せざるを得なくなった。
ところが、謝長廷は一筋縄ではいかない。
蓮舫の台湾籍離脱を「承認しました」とは発表せず
「我が国の国民(蓮舫)が
日本国の国会議員になるなんておかしい!!
これは国際問題だ!
蓮舫は正真正銘の
台湾人なのに、
それを国会議員にした経緯を説明せよ!
そして、日台間の条約を変更するのであれば
正式に通達するべきだ!」
と日本の外務省に正式に通達。←今ここ


119 :名無しさん@1周年:2016/09/14(水) 16:15:09.24 ID:+2i1Tf+D0.net
>>9
台湾すげえ

1 2