1. まとめトップ
  2. 雑学

落としてもすぐ拾えば大丈夫?!食べ物5秒ルールに衝撃的事実が判明した

食べ物を落としても5秒以内に食べれば大丈夫。一度はしたことがあるこの謎のルールに科学的根拠がないことがわかった。

更新日: 2016年09月12日

spiceharbさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
9 お気に入り 20850 view
お気に入り追加

■一度はやったことのある「5秒ルール」とは

床にポトっと落としてしまった食べものを「もったいない!」と思って食べる

食べ物をうっかり落としてしまった時の「5秒ルール」。これは、5秒(もしくは3秒など。地域差による)以内に拾ったならばバイ菌が付着せずにセーフだという、都市伝説のようなルール

食べ物落とした時にふざけて言うルールは5秒?それ全国区?3秒じゃない?

飴玉とか落としたらホコリまみれになるから3秒ルールもクソもない

■海外でも5秒ルールは一般的なルール

5秒ルールが有名になったきっかけはアメリカの人気料理番組からだそうで、番組内で料理家が、肉をうっかり床に落としてしまいつつも「誰も見ていなければ大丈夫よね」とさっと拾い上げたという説が有力だそう

昔からゴミにするのはもったいないと言って拾って食べていたのかもしれません。

■このルールに科学的根拠がないことが判明

ラトガーズ大学は複数の床材・数種類の食べ物・床の汚染状況・食べ物が床に触れる時間などの条件を組み合わせ、床に落とした食べ物を5秒以内に拾い上げると安全に食べられるのかどうかを調査する研究を行いました

学者たちは、接触時間はバクテリアが食品に移動する量に影響するものの、複数のバクテリアは落下したあと1秒で食品に付着したため、「5秒ルール」は否定

5秒ルールを本気で使ってる人なんかいないだろう。ネタだろネタ。 いない……よね

落ちた食べ物の「5秒ルール」を否定 jp.sputniknews.com/entertainment/… これこそ「病は気から」じゃないけど、10秒だろうが20秒だろうが大丈夫だと思えば大丈夫だし。ダメだと思ったらダメなもんでしょ。 それこそ多少のバイ菌くらいヤッツケル気持ちじゃないとwww

■食品の水分量によって付着する量が違う

落ちた食べ物を分析した結果、時間のほかに、食品の水分率と、落下した場所の表面の性質がバクテリアの付着する量に影響することが分かった

乾いてるものは比較的バクテリアがつきづらく、湿ったものはその何倍も早く侵食され増殖しやすいと言います

乾いた地面に乾いたクッキーといった組み合わせであれば、被害は最小限に済みます。が、水分を含んだスパゲティなどを地面に落とした場合は非常にマズいことに

■時間よりも床の汚さの方が重要

結論的には、床に落下してからの時間はあまり関係なく、床の汚さ次第であるという結果になった

■落としてもまだ安全なのはじゅうたん

1 2





spiceharbさん

毎日まとめ投稿しています。
注目のエンタメ、グルメまとめ。

ちなみに、名前の由来はスパイスとハーブ好きから。
スパイス検定2級、京都検定も持っています。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう