1. まとめトップ

【肌荒れの人必見!】肌荒れの原因は便秘かも?

肌荒れと便秘の関係についてのまとめです。

更新日: 2019年03月18日

5 お気に入り 7172 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

MrKKさん

肌荒れと便秘の関係

便が居座っていると善玉菌が減少し悪玉菌の勢力が強くなってしまうため、有害物質やガスが発生します。

有害物質は腸壁から吸収され、血液中に溶け出して全身へ巡ることとなるのです。

体中へと行き届いた有害物質は、汗や皮脂などの形を借りて毛穴などから体外へ放出されます。

有害物質の排出に手間を取られてしまうと、通常の肌細胞の働きだけではお肌の新陳代謝が追いつかなくなってしまいます。

腸の中で腐敗した便から排出された毒素は、血管から体中に広がり皮膚まで到達。
その結果肌に悪影響が出てしまうのです。

便秘の種類と原因

[弛緩性便秘] =大腸の運動が低下
腸管の緊張がゆるんでしまい、ぜん動運動が十分行われないため、大腸内に便が長くとどまり、水分が過剰に吸収されて硬くなるタイプ。

運動不足、水分不足、食物繊維不足、腹筋力の低下、極端なダイエットなどが誘因に。

[けいれん性便秘] =大腸の過緊張
副交感神経の過度の興奮によって腸管が緊張しすぎてしまい、便がうまく運ばれずに、ウサギのフンのようなコロコロとした便になるタイプ。

精神的ストレス、環境の変化、過敏性腸症候群などが誘因に。

[直腸性便秘] =直腸に便が停滞
便が直腸に達しても排便反射が起こらず、直腸に便が停滞してうまく排便できなくなるタイプ。

高齢者や寝たきりの人のほか、痔や恥ずかしさなどにより排便を我慢する習慣がある人に多い。

器質性便秘
イレウス、大腸がん、腸管癒着などの器質的な原因があって、消化管(小腸・大腸)に通過障害が起こるタイプ。

種類ごとの便秘対策

■弛緩性便秘

弛緩性便秘の方は、腹筋などの筋力が低下していることが大きく関係しているので、日頃から腹筋を鍛えるようにすると、便秘を解消する効果が得られると言われています。

〈体操〉
・ごろごろ体操
①うつ伏せになり、5回程度左右に寝返りを打ちます。
これを10分間1セットとして、1日に1回行います。複雑な形状をした小腸をマッサージするには、適度に体重をかけることができ、効果の期待できるマッサージです。

〈マッサージ〉
・おへそまわりのマッサージ
①適当に立ち、おへそを中心に手で時計回りに押しながらさすります。回数は10回程度で、強く押すなどして力を入れる必要はありません。
便の流れに沿うようなマッサージになるので、自然な便の排泄を促す効果があります。

■けいれん性便秘

けいれん性便秘の場合、最も大きな原因となっているのが、ストレスと言われています。
ストレスをなくすことが、便秘を改善する近道になるので、日頃からストレスをためないようにしましょう。

・アロマオイルでリラックス

一日のうちで一息つく時間も大切です。リラックスできるアロマ(イランイラン、ラベンダー、メリッサ、マージョラムなど)の香りを嗅いだり、お風呂に数滴垂らしたりなどすると、気持ちが落ち着きます。

■直腸性便秘

・トイレに行く習慣をつける
いつ便意がきても対応できる環境を整えることが最も重要です。

・便秘薬は使わない
直腸の神経がにぶっているだけで、大腸の動きは正常なので、便秘薬を使い続けると、さらに直腸の神経が鈍ってしまいます。

■器質性便秘

腸自体に原因がある便秘なので、医師に相談するのが一番適した改善方法になります。

おすすめサプリメント

あれほど苦しかったげっぷやお腹の膨張感がなくなり、だいぶ楽になりました。

1 2