1. まとめトップ

紅葉の季節は9月から!全国各地の早く紅葉する絶景スポット6選

紅葉の時期は9月から始まる!一足早く秋を先取りしよう!北海道から九州まで全国各地の早く紅葉する絶景スポット6選!

更新日: 2017年08月30日

6 お気に入り 5188 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

大雪山(北海道)

例年の色づき始め
9月初旬
例年の見頃
9月中旬~9月下旬

大雪山の紅葉は日本で一番早いと言われ、針葉樹の緑と落葉、広葉樹の朱色や黄色の微妙な色の違いが幾重にも重なったような色彩を見せ、山全体を錦絵のように飾る。

木々が赤や黄色に染まり、ロープウェイからだとカラフルな絨毯を見ているよう

栗駒山(秋田県・宮城県・岩手県)

例年の色づき始め
9月下旬
例年の見頃
10月上旬

赤い絨毯を敷き詰めたように真っ赤に染まる。手つかずの自然が残る栗駒山には、一度は訪れたい。

尾瀬ヶ原(群馬県)

例年の色づき始め
9月中旬
例年の見頃
9月下旬~10月上旬

湿原の紅葉は草紅葉(くさもみじ)と呼ばれ、9月中旬から10月初めにかけて草原が金色に色づく

湿原一帯の草が金色に光り輝く、または紅~茶色に染まる草紅葉の中を歩くのは、山の紅葉とは違った趣きがあります

奥飛騨温泉郷(岐阜県)

例年の色づき始め
10月上旬
例年の見頃
10月中旬~10月中旬

乗鞍岳、焼岳、穂高連峰などの北アルプスの雄大な山々に抱かれてひっそりとたたずむ平湯・福地・新平湯・栃尾・新穂高の5つの温泉地

場所により標高差があるためシーズンが長い。9月下旬に新穂高ロープウェイの山頂駅付近からはじまり、新穂高温泉のふもと周辺まで1ヶ月ほど楽しめる。

大山(鳥取県)

例年の色づき始め
10月中旬
例年の見頃
10月下旬~11月上旬

山麓の森が朱やオレンジ、黄色に染まる錦の紅葉絵巻は日本でも屈指の美しさを誇り、全国津々浦々、この自然のアートを求めて多くの観光客が足を運びます

大山の北壁にかかったうっすらの白い雪と深秋の紅葉のコントラスト。
第一幕(10月下旬~11月初旬)を七色の紅葉とするなら、この紅葉は第二幕(11月中旬~下旬)。

1 2