1. まとめトップ

京都の可愛い雑貨屋さん!京都で個性的な雑貨を買う!

北欧などの海外雑貨、生活雑貨に文房具、ビンテージ・アンティークにセレクトショップなどの京都の雑貨屋さん!

更新日: 2018年07月21日

101 お気に入り 142820 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

vousetesさん

D&DEPARTMENT KYOTO by 京都造形芸術大学

京都造形芸術大学との協業により登場する10店舗目のD&DEPARTMENT。ショップの場所はなんと、800年以上も歴史のあるお寺の中「本山佛光寺」の境内にあります。

http://www.d-department.com/jp/shop/kyoto

四条烏丸駅から歩いて5分ほど

京都の「個性」や「らしさ」を発掘し広める活動として、ワークショップやトークイベントを開催。店内にギャラリースペースや京都のデザイン観光情報を集めたコーナーを設けるなど、さまざまなデザイン活動が展開されます。

「京都セレクト」をテーマに昔から地域に伝わる伝統工芸品や地場産業、地元のロングライフ商品や「ロングライフデザインセレクト」をテーマとした定番デザインアイテム、リサイクルを実践した「デザインリサイクル」アイテムなど、テーマごとに各アイテムを紹介。

隣には、京都のお茶や地元野菜を盛り込んだ定食や甘味が楽しめる「d食堂」もあり、ここでは食の視点から地元の魅力を発信しています。

三三屋(みみや)

デザインスタジオ・グルーヴィジョンズが独自のセンスで選んだグッズを扱っているセレクトショップ。

営業時間は土日祝日のみ、11:00から20:00まで。

http://www.groovisions.com/mimiya/

オリジナルデザインの製品だけでなく、groovisionsが独自の視点で選んだ京都にまつわるよいものを厳選して販売。

京都の老舗の道具や京都のアーティストの作品、京都のお店とコラボレーションしたものや、店舗限定のアイテムもラインナップに並びます。

Kit(キット)

国籍を問わないヴィンテージ、作家ものの器、日用の道具など、生活の雑貨を中心に食べものや作家作品を取り扱っています。

地下鉄烏丸線「国際会館」行き乗車
「丸太町」駅下車。
1番出口より東へ徒歩10分。

http://kit-s.info/

お店は住宅街の一角にある建物の2階に。軒先には、金工作家の秋野ちひろさんによる三角形のオブジェがぶら下がっています。

カラフルな色と肌触りのよい韓国布団“イブル”をはじめ、新潟を拠点に日本の職人さんらとタッグを組んでものづくりを進める「エフスタイル」の製品や薪窯の野趣あふれる中本純也さんの器などが常設の品です。

普段は2階のみのオープンですが、展示やイベントに合わせて1階も不定期でオープン。キッチンも備えてある1階では、毎週金曜~月曜日には喫茶が、時には料理やお菓子のイベントなどが行われることも。

petit a petit(プティ・タ・プティ)

イメージ・プロセッシングの奥田正広さんと、イラストレーターのナカムラユキさんによるテキスタイルブランド。

http://petit-a-petit.jp/

『心に残るものをひとつひとつ丁寧に』を柱に、様々な紙の重なりによるコラージュ作品やイラストレーションに込めたコンセプトを大切にしたテキスタイルを提案。

店内にはクッション類をはじめ、ハンカチ、ストール、バッグ、がま口、ポーチなど様々なオリジナルテキスタイルの商品が販売されています。

hisoca(ヒソカ)

地下鉄丸太町駅から徒歩1分。
烏丸丸太町の石畳の小路にて、国内外の工芸品と古道具を集めた小さなお店です。

http://hisoca-kyoto.tumblr.com/

店主の川井京湖さんが丁寧に選んだ作家もののうつわや暮らしの道具、バッグ、アクセサリー、フランスや日本の古いものなど。

日本各地や京都の作り手さんたちの陶芸作品、カゴや工芸品など。一つひとつ手作りされた作家もののアクセサリーやバッグも揃います。

ロク

生活用品と器の店「ロク」は、実際の生活で使用している中で、使いやすくて愛着を感じている物を厳選して販売をしています。

http://www.rokunamono.com/

沖縄、九州、山陰などの各窯元の器からキッチン用品、タオル、文具に服飾雑貨まで、国内外の雑貨を扱うお店です。

TORYBAZAR(トリバザール)

日本各地や世界各国から集めた身近に使える台所道具。器、ガラス、古いものなどの日用雑貨や食べものを季節にあわせてセレクトしています。

LADER(ラダー)

1 2 3 4