1. まとめトップ

プロ野球、Jリーグで相次ぐ監督解任・・・あの監督は大丈夫だろうか

今年、スポーツ界監督解任が相次いでいる。サッカー日本代表のハリルホジッチ監督は大丈夫だろうか・・・。

更新日: 2016年09月13日

0 お気に入り 3884 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

okkskさん

■中日ドラゴンズ 谷繁監督、解任の裏には落合GMとの確執があった

左:谷繁監督 右:落合GM

中日に激震だ。9日、谷繁元信監督(45)がナゴヤドーム内で会見し、チーム低迷の責任を取り休養することになった。

谷繁監督自身が「こういうかたちで去るのは……」と語っているように、「休養」とはいえ、事実上の『解任』

落合GMが1軍の試合に顔を見せず、谷繁と長いこと話もしていないという異常事態

落合博満ゼネラルマネージャー(GM)との不仲がささやかれており、今春のキャンプでは谷繁監督が目をかけていた選手を落合GMが独断で解雇

かたや落合GMと気心の知れた森繁和ヘッドコーチは残って監督代行を務めている。

落合GMが誕生した13年のオフ以降に入団した選手で、モノになったのは又吉と祖父江の中継ぎ投手2人くらい。

ビジネス感覚に優れたプロの敏腕GMたちが活躍する米大リーグのようにはなかなかいかない。

■谷繁監督の後任には小笠原二軍監督が浮上

小笠原二軍監督

球団関係者は「小笠原二軍監督を据えて一軍監督へのレールを敷いたのもGM。森監督代行から来季は小笠原二軍監督が昇格する手はずだろう」という。

立浪氏は09年の現役引退後は球団から距離を置かれています。それは、たびたび暴力団関係者との“黒い交際”が取り沙汰されるから。

■リーグ17戦勝ちなし 名古屋グランパス小倉監督の解任は妥当?

J2降格圏の16位に沈む名古屋が23日、小倉隆史監督(43)が休養すると発表した。

チームはリーグ17戦勝ちなしで、第2ステージは第9節を終えて最下位と低迷。

久米一正社長(61)「熱いパワーが感じられなくなった。」「レジェンドですので、いろんなことにトライさせたい。」

■今年はたくさんの監督が解任されている・・・

J1ではFC東京の城福浩監督、J2ではジェフ千葉の関塚隆監督、FC岐阜のラモス瑠偉監督が解任されている。いずれも成績不振がクビの要因だった。

■この人はこの先大丈夫だろうか・・・

タイに敗れて2連敗スタートとなれば、解任問題にも発展しかねない崖っぷちの一戦。

サッカー男子のリオ五輪代表監督を務めた手倉森誠氏(48)が、18年W杯ロシア大会を目指して最終予選を戦う日本代表のコーチに復帰することが8日、決まった。

1