1. まとめトップ

全国の小・中学校PTAもびっくり!ベルマークがネットショッピングでも貯められて被災校支援もできる!?

小・中学校のときに集めたベルマーク。今ではスマホがあればいつでも、どこでも「ウェブベルマーク」で簡単に集められる!ショッピングや1クリック募金で被災校支援も!

更新日: 2016年09月30日

7 お気に入り 16273 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ouenouenさん

◉「ベルマーク運動」ってどんな事をやってるの?

「すべての子どもに等しく、豊かな環境のなかで教育を受けさせたい」。
ベルマーク運動は、そんな願いをこめて1960年に始まりました。PTAなどのボランティアで生み出された資金(ベルマーク預金)で学校の設備や教材をそろえ、さらに国の内外でハンディを背負いながら学んでいる子どもたちに援助の手を差し伸べます。 マーク集めから始まるだれでも気軽に参加できるボランティアです。

約830万世帯のPTAと、共鳴する企業や地域の人たちに支えられて助け合いの輪は大きく広がっています。
ベルマーク運動は、PTAと企業(協賛会社と協力会社)、そしてベルマーク財団がスクラムを組んで進めています。

◎PTAが中心となって活動、個人参加も可能。

参加資格は学校や幼稚園などのPTAと、大学や公民館等に限られています。(個人の場合は、集めたマークを、近所の参加校に寄付したり財団に寄託したりする方法があります。)

⒈ 学校長の承認を受ける。
参加は学校単位です。申し込みにあたっては、PTA会長と学校長(園長)の承認を得てください。 クラス名ではなく、学校名で必ず申し込んでください。

⒉ 参加手続き
電話かFAX、Eメール、郵便で、財団に参加の意を伝えると、参加申し込み用紙とその他の資料が届きます。 「参加要項」をよく読み、納得したうえで「参加申込書」に所定の事項を記入し、財団に郵送すれば、完了です。

⒊ 「PTAの印」
参加手続きでひとつだけ注意することとして、申込書に「PTA会長の職印」「学校長の職印」を押すことがあります。 会長さんの個人の印鑑や、校長先生の個人印ではダメです。

◎ベルマーク運動の仕組み

「自分たちの学校づくり」と「お友達への教育援助」。ベルマーク運動には、2つの機能があります。自分たちの学校のためにマークを集めることが、自然にへき地学校や開発途上国のお友達の役にも立つ仕組みなのです。「協賛会社」が商品に付けているマークを登録参加のPTAや公民館などが集め、整理・計算して財団に送ると1点が1円に換算されてベルマーク預金になります。 その預金で、自分たちの学校に必要な設備・教材が「協力会社」から購入できます。すると、その購入金額の10%が自動的にベルマーク財団に寄付され、さまざまな教育援助活動に使われます。

◎ベルマーク運動の流れ

◎直近ではウェブベルマークという新たな取り組みも!

先日学校のプリントで初めてウェブベルマークという存在を知った  webbellmark.jp

PTAの会報で知った。自分の学校が登録されていれば、支援金はそこにあててもいいらしい。ベルマークを数えなくてすむ未来が……!/ウェブベルマーク webbellmark.jp

FMラジオのCMで知ったけど、今はウェブベルマークっていうのが有るのか。ネットショッピングを通じて被災地支援が出来るらしい。

ウェブベルマークって初めて知ったけど、LOHACOとかベルメゾンとか利用してるから少しは協力できそう(o^^o)

ウェブベルマークって初めて知った!!認知度まだ低いんじゃないかな??拡めたい~

ウェブベルマークは新しいベルマーク運動の形。ウェブベルマークのサイトからアクセスすることで、日用雑貨、電化製品、洋服、旅行の予約など、協賛ショッピングサイトが提供しているサービスを利用することで、東北の学校にも、母校やお子さんが通っている学校など自分が選択した学校にも支援することができます。

◉ウェブベルマーク運動

オンラインサイトからお買い物をするだけで東北被災校を支援できる新しい形の支援。

◎従来のベルマーク運動との違い

対象商品を購入後、 ベルマークを切り取って集める従来のベルマーク運動と異なり、 ウェブベルマークサイトを経由してからオンラインショップを訪問すると、 そのショップで販売している商品すべてが支援金発生対象になります。 さらに、 商品だけではなく、 サービス利用(旅行やゴルフ場予約など)によっても、 支援金を集められます。

◎ウェブベルマークの使い方

1 2