ひとくち食べると、生ピーマンのキュキュッとした弾力ある食感が、心地よさを感じさせてくれる。生でピーマンを食べる機会が稀なので、なかなか新鮮な体験だ。

出典【孤独のグルメ】江東区門前仲町のやきとり / つくねを生ピーマンで包む『庄助』 | ガジェット通信

前へ 次へ