そして生ピーマンが圧力に負けてボクッと音を立てて崩壊した瞬間、つくねの綿のように柔らかい食感とともに、繊細な鶏肉の旨味が広がる。その旨味を際立たせるのが、生ピーマンの苦味と、唐辛子の辛味である。

出典【孤独のグルメ】江東区門前仲町のやきとり / つくねを生ピーマンで包む『庄助』 | ガジェット通信

前へ 次へ