1. まとめトップ

【シーバス】荒川の穴場ポイント”小松川橋”が釣れる【2016】

2016年、荒川シーバスが釣れる熱いポイントはどこなのか。小松川橋が好調なので、その情報をまとめてみました。

更新日: 2016年09月15日

0 お気に入り 11613 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

mosnosさん

▼小松川橋の場所

▼参考になるブログを集めました

①地形変化に富む

最初に着いたのは先週ナイターでやった小松川橋。
今日は干潮から入ったので潮がひいていて地形が丸わかり
こんなところに鉄板入ってるのか、あそこに自転車がある。など干潮でしか見えないアングラーにとって良い情報がたくさんありました。

②障害物に注意

まず入ったのは小松川橋。
ここでは明暗部でボイルが見られたがいきなりルアーを2つもロスト…。
橋脚からぶら下がるロープに引っかかった。こんなとこにロープたらすなよ…。
しかもかなり釣りまくった大切なTKLMをロストしたショックで早々にこの場所を見切る。

もう小松川橋嫌い…。

むむ。

③動画有り。ナイトの明暗部を攻める

上流側の明暗部は先行者がいたようで、下流側にウェーディングで入っています。

ウェーディングは敷居が高いですが、満潮時は岸からも狙えるんじゃないかなと思いますので、今度行ってみたいと思います。

潮位によってはウェーダー必須のポイントですな。

注目の動画はコチラ

④川辺の状況

岸際は葦が密集しているため、
満潮時・干潮時ともに陸からの釣りは厳しいです。

手前の橋脚は、
干潮時で水深30cmくらい。
満潮時で1.2~1.5mくらいだと思います。

干潮時になりますと、
2つ目の橋脚あたりまで水深が1m前後とかなり浅いです。

1つ目と2つ目の橋脚の真ん中あたりまで行って
キャストしてみましたが、
何を投げてもすぐに川底をこするような感じでした。

反応があったのは
軽めのジグヘッドで中層からボトム付近を
ドリフトさせながらのただ巻きでした。

明暗部だけでは要素が足りないのか、
明暗部+流れのヨレのできている場所で反応が多かったです。

⑤ロックゲート付近

・小松川橋~ロックゲート
ここも僕の好きな場所。ロックゲートの水門際は、スニーカーで来れるから良いです。

1 2