1. まとめトップ

【ヒストリア】写真で見る関ケ原の合戦の戦国武将の鎧兜~石田三成軍~

男のロマン戦国時代。武士の戦い方もさることながら、鎧甲冑のかっこよさにもひきこまれます。今回は天下分け目の大戦「関ケ原の戦い」より、西軍・石田光成軍の鎧兜をまとめました。東軍・徳川家康軍もリンクありますよ。

更新日: 2018年09月20日

5 お気に入り 15019 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

orihoanさん

▼先日、関ケ原に参加した大名の兜アイコンがのったTシャツが販売されました。西軍もシブイ!

株式会社戦国・限定WEBショップ
関ケ原Tシャツ(5000円)
http://peatix.com/event/193557

慶長5(1600)年9月15日、徳川家康が率いる東軍と、石田三成の西軍が戦った。東西合わせて15万人以上の軍勢がいたとされ、濃霧のなか、午前8時ごろに戦いが始まった。当初は西軍が優位だったが、西軍・小早川秀秋の大軍約1万5千人の裏切りなどで、約6時間にわたる戦いは東軍の勝利に終わった。死者は両軍合わせて6千人や8千人などの説がある。関ケ原古戦場には戦国武将の陣跡などがあり、一部は国の史跡に指定されている。

英国小学校の歴史授業では、ボズワースの戦が戦闘詳報さながらに教えられており驚いた 関ケ原の戦いで、宰相殿の空弁当、小早川の寝返り、島津の敵中突破を教えるようなもの 子供相手にかなりマニアック。 歴史を実体験のように感じさせる教育手法のようです #アンティーク igirisumonya.com twitter.com/igirisumonya/s…

関ケ原の戦いにて、先鋒と決まっている福島正則を出し抜いて先陣を切りたい井伊直政・松平忠吉と、正則家臣の可児才蔵とのせめぎあいの場面。 井「井伊直政じゃ」 可「本日の先鋒は福島正則が相務め申す!どなたであれ、ご通行はお控え願いたし」 井「通行にあらず、物見なり」 可「物見もご無用!」

マジムリ.....関ケ原の戦い考察しよ・・・。 (小早川の裏切りと島津の逃口)

「今宵の歴史秘話ヒストリア 最後は戦いの犠牲者への思いやりを持ち続けた関ヶ原の人々。それは今も受け継がれている。 そんなお話でお別れです。」 2015/09/30 名作選「オラたちの関ケ原 ~天下分け目の合戦VS.農民~」 pic.twitter.com/G0bbiDjQLv

▼勝者の徳川家康軍はこちら。

▼でも敗者が好きなので、今回は西軍特集です。

たとえ客人であろうと秀吉様に対する無礼は何人たりとも許す事罷りならん [石田三成]

大義を思ふ者は、仮令首を刎らるる期迄も命を大切にして、何卒本意を達せんと思ふ。 石田三成

筑摩江や 芦間に灯す かがり火と ともに消えゆく わが身なりけり ー石田三成

●西軍
 石田三成   4,000人
 島左近    1,000人 三成隊の前衛
 蒲生郷舎   1,000人 三成隊の前衛
 秀頼麾下  2,000人 黄母衣衆の部隊
 島津義弘   750人 
 島津豊久    750人 義弘にほぼ同行
 小西行長   4,000人
 宇喜多秀家 17,000人
 戸田重政
 平塚為広    900人 戸田と2人で900人
 大谷吉継    600人
 大谷吉勝
 木下頼継   3,500人 大谷吉勝と2人で3500人
 毛利秀元  15,000人 南宮山周辺部隊
 吉川広家   3,000人 南宮山周辺部隊
 安国寺恵瓊  1,800人 南宮山周辺部隊
 長束正家   1,500人 南宮山周辺部隊
 長宗我部盛親 6,600人 南宮山周辺部隊
 赤座直保   600人 東軍に寝返り
 小川祐忠   2,000人 東軍に寝返り
 朽木元綱   600人 東軍に寝返り
 脇坂安治   1,000人 東軍に寝返り
 小早川秀秋 15,600人 東軍に寝返り
 合計    83,200人

9月15日、東軍と西軍による天下分け目の戦いである関ヶ原の戦いが始まった。当初は西軍優勢であり、石田隊は6,900人であったが、黒田長政・加藤嘉明・細川忠興・田中吉政ら兵力では倍以上の敵に幾度と無く攻め立てられたが、高所という地の利と島左近・蒲生頼郷・舞兵庫らの奮戦もあって持ちこたえた。しかし西軍全体では戦意の低い部隊が多く、次第に不利となり、最終的には小早川秀秋や脇坂安治らの裏切りによって西軍は総崩れとなり、三成は戦場から逃走して伊吹山に逃れた。

大徳寺三玄院前の石田三成墓所石碑
その後、伊吹山の東にある相川山を越えて春日村に逃れた。その後、春日村から新穂峠を迂回して姉川に出た三成は、曲谷を出て七廻り峠から草野谷に入った。そして、小谷山の谷口から高時川の上流に出、古橋に逃れた。しかし9月21日、家康の命令を受けて三成を捜索していた田中吉政の追捕隊に捕縛された。
一方、9月18日に東軍の攻撃を受けて三成の居城・佐和山城は落城し、三成の父・正継を初めとする石田一族の多くは討死した。9月22日、大津城に護送されて城の門前で生き曝しにされ、その後家康と会見した。

10月1日、家康の命により六条河原で斬首された。享年41。辞世は「筑摩江や 芦間に灯す かがり火と ともに消えゆく 我が身なりけり」。首は三条河原に晒された後、生前親交のあった春屋宗園・沢庵宗彭に引き取られ、京都大徳寺の三玄院に葬られた。

島左近    1,000人 三成隊の前衛

島 清興(しま きよおき)は、戦国時代から安土桃山時代の武将。筒井氏、石田三成の家臣。通称は左近で、一般には島 左近(しま さこん)の名で広く知られる。本項目でも特に断りが無い限り「左近」と記す。実名は俗に勝猛(かつたけ)などともいうが、文書から確かなのは清興である。
三成に三顧の礼をもって迎えられ破格の高禄を食む側近として仕え、「治部少(三成)に過ぎたるものが二つあり 島の左近と佐和山の城」と謳われるほどの逸材だった(『古今武家盛衰記』)」

1 2 3 4

関連まとめ