1. まとめトップ
  2. 雑学

500回以上も手術!高須院長が自ら"実験台"となるのは深いワケがあった!

最近は何かと話題になることが多い高須クリニック 高須克弥院長ですが、自らを実験台に手術を怒っています。

更新日: 2016年09月15日

musinoneさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
30 お気に入り 109410 view
お気に入り追加

最近は何かと話題になることが多い高須クリニック 高須克弥院長

リオデジャネイロ・オリンピックで銅メダルを獲得したナイジェリア代表は、高須クリニックの高須克弥院長が支援したことで大きな話題となった

収録中に浜田雅功が院長に、「スポンサーになって欲しい」と交渉したところ、高須は「いいっすよ!」と即答、なんとOKという返事が貰えたのだ

高須克弥さんのもとに脅迫状が届けられたそうです。しかし……高須先生はそれをTwitter上にて公開し、「脅迫状がきた(*´∀`)♪なう」と楽しげ

本業はもちろん美容整形外科医

70歳を超えても、1日に70人の美容整形手術をこなす

なんと自分にも手術をしまくっているらしい

自身を実験台にし500回以上も整形を重ねたと告白

高須院長はこれまで一番整形費用がかかった人物として「それは僕じゃないですか?」と即答。「僕、何十億円かかっているかわかりません」

「患者さんに施術する前に必ず自分自身の体を使って手術や薬剤の安全性を試す」というポリシー

僕と仲の良いイタリアの研究所で開発した画期的な若返り注射をいまプレゼントされた。とりあえず、僕の顔で実験することにした

海外の学会で発表された若返り治療を、ハードなケミカルピーリングから糸の手術まで、真っ先に高須先生自身が実験台となって、受けた結果を見せてくださいました

ムキムキボディも整形手術のおかげだった

最先端の整形技術で自らの体を最強ボディーにつくり上げた高須院長

自分に手術をするには深い理由があった

『薬や手術が安全かどうか』「患者の気持ちが分かる」と自分の身体を使って必ず実験するそうです

実は亡くなった奥さんで整形外科医 高須シヅさんとも二人三脚で手術を開発した

1 2





musinoneさん

のほほんとまとめています。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう