1. まとめトップ
  2. 雑学

秋の風物詩「中秋の名月」実際何をするの?楽しみ方がザックリわかる

中秋の名月(ちゅうしゅうのめいげつ)って何かイベントをしますか?ザックリわかる「中秋の名月」意味と楽しみ方を紹介します。

更新日: 2016年09月15日

33 お気に入り 32685 view
お気に入り追加

今夜は十五夜、中秋の名月が見られる夜

日本気象協会によれば、「中秋」とは旧暦(太陰太陽暦)の秋にあたる、7月から9月のちょうど真ん中の8月15日のこと。

なんとなくのイメージはあっても、実際何をするのか、そもそもなんでそんな行事があるのか、わからない人も多いはず。

そもそも「中秋の名月」(ちゅうしゅうのめいげつ)とは?

月下に酒宴を張り・詩歌を詠じ・すすきを飾り、月見団子・里芋・枝豆・栗などを盛って、神酒を備え月を眺めて楽しんだ

名月」=「満月」という言葉と合わせて「中秋の名月」=【旧暦8月15日の夜を照らす満月】と言われるようになったのです。

旧暦では月の満ち欠け周期の約半分にあたる15日が満月になると考えられていました。

江戸時代には、その宴と秋の収穫を感謝する祭事が合わさって一般に広まり、今の「お月見」が形成されて行ったようです。

では、お月見を楽しむためには…

ポイントは、月がのぼってくる東側と南側の空が見えること。可能なら屋上に登って見られると最高です

・マンションなら → 窓辺やベランダにテーブルを置いて
・庭があるなら → 庭にテーブルと椅子を用意して
・縁側があるなら → 縁側にちゃぶ台を出して

お月見と言えばやっぱり月見団子。穀物の収穫に感謝し、米を粉にして丸めて作ったのが始まりです。

お饅頭やどら焼き、ホットケーキ。甘いものが苦手なら、蕎麦やうどんに生卵を割りいれた「月見そば」「月見うどん」もおいしいです

部屋を暗くして月を眺めつつお酒を味わうというのも一つの楽しみ方です

「月光浴」というのもあります。イライラやストレスなどを抱えている方におすすめです。美しい月を見て「ツキ」を味方に付けられるといいですね。

部屋の照明を消し、和ろうそくやキャンドルを灯すと、さらにムード満点です。みんなで月うさぎを探してみたり、月の話で盛り上がれば、ロマンチックな時が過ごせます。

思わず有りがたい気持ちになる動画や画像も…

今日はなんかダメぽぃけど、中秋の名月と(若干)天使のはしごってのがあったよ♪(去年 pic.twitter.com/Bw5PPJzVwG

「中秋の名月」関してはネットからも声が上がっています。

今宵は中秋の名月。 夜までに雲が切れてくれるといいなぁ・・・ pic.twitter.com/sddRR8vA07

今夜は十五夜で中秋の名月ですが、まんまるなお月さまではなく少しだけ欠けています。満月になるのは正確には9/17早朝4時5分なのです。

中秋の名月 お月見するために団子買って来なきゃ=͟͟͞͞( ๑`・ω・´)

1 2





キメラのつばささん

楽しい時間を過ごせるまとめを意識して行きますので、よろしくお願いします。

このまとめに参加する