1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

まずは公認会計士についての基本的な情報について

公認会計士

公認会計士(こうにんかいけいし、英:Certified Public Accountant、略称:CPA)とは、会計の専門家である。 各国の制度によってその業務の範囲と比重は異なるが、共通して会計監査 (財務諸表監査)を独占業務としている。 そのほかに経理業務やコンサルティング業務、税務業務も行う。

自由業の三大国家資格

公認会計士の資格は、弁護士や医師とともに、自由業の三大国家資格といわれています。弁護士が法律のプロフェッショナルであり、医師が医療のプロフェッショナルであるように、公認会計士は会計のプロフェッショナルであり、今日の社会経済で重要な役割を演じています。

公認会計士の仕事の内容

公認会計士の仕事の内容は、バラエティに富んでいます。公認会計士の仕事をおおまかに分類すると、(1)監査業務、(2)会計業務、(3)コンサルティング業務、(4)税理士として行う税務業務、に分けることができます。

監査業務

公認会計士の仕事といえば、まず第一に監査業務を挙げなければなりません。公認会計士の業務のなかで、公認会計士だけが独占的に行うことができるのが、この監査業務です。監査業務とは、会社が作成した損益計算書や貸借対照表等の財務諸表について、会社とは独立した第三者である公認会計士が、適正であるか意見を述べる業務です。監査業務は、社会的に大変責任ある仕事で、今日の社会経済において、重要な役割を担っています。そして、その監査業務は、公認会計士の独占業務となっているのです。

会計業務

公認会計士の行う会計業務は、税務業務以外の経理一般の業務です。具体的には、財務諸表を作成したり、財務や会計に関する指導やアドバイスを行う業務です。

コンサルティング業務

コンサルティング業務は、会社の経営に関する立案・指導・助言等を行う経営コンサルタント業務や株式公開コンサルティング、システムコンサルティング等バラエティに富んでいます。独立開業して成功している公認会計士の多くが、税務業務にとどまらず、このコンサルティング業務に力をいれています。

税務業務

税務業務とは、税務書類の作成や税務申告の代理および税務に関する相談等の業務をいいます。そもそも、税務業務は、本来税理士の固有の仕事とされていますが、公認会計士は、税理士となる資格を有しているため、登録さえすれば、税理士としての税務業務を行えます。税務業務の場合は、法人のみならず個人もクライアントになりうるわけですから、独立開業した多くの公認会計士にとって、税務業務が収益の柱となっています。

公認会計士になるための難易度は?

難易度

公認会計士の難易度は旧司法試験に次ぐ難易度といえます。本来なら難易度10にすべき国家試験です。試験の合格だけでなく、実務研修や講習などもありますので、資格を取得するまでに最低でも5年程度はかかります。

受験制度の改正などで受かりやすい試験に

公認会計士試験は5ランク評価なら間違いなく5ですが、より精密に10ランク評価すれば、10ではなく難易度9です。ただ最近は受験制度の改正などによって、受かりやすい試験にはなってきました。

やり方次第では十分短期合格できる試験

2010年からは年2回の試験となっているので、これまでよりもチャンスが増えました。この点ではプラスといえます。 得点率は択一試験は70%程度、論文試験は相対評価で52%の得点率を持った人が合格の対象となります。 択一試験と科目別試験の一部免除制度が実施されたことにより、論文試験は合格はしやすくなりました。

新しくなった公認会計士試験

新しくなった公認会計士試験では、択一式試験および科目別試験の合格による一部免除制度を実施したため、以前より合格しやすくなりました。

受験者数、合格者数、共に減少

平成27年の公認会計士試験を受験した人数は1万180人で、前年の1万870人から6.3%減少。受験者数の推移を見ると、平成24年が1万7,894人、平成25年が1万3,224人と年々減少を続けています。受験者数のピークは平成22年の2万5,648人で、現在はピーク時から半数以下になっています。合格者数も受験者数と同様に減少し、前年比マイナス4.6%の1,051人。こちらも受験者数と同じく減り続けていることがわかります。

一方で合格率はアップし続けている

平成27年の合格率は10.3%でしたが、平成24年が7.5%、平成25年が8.9%、平成26年が10.1%で、微差ながら以前と比べれば「受かりやすくなっている公認会計士試験」と言えそうです。

結論:公認会計士になるなら今がチャンスかも!?

受験できる回数が増えたり、新しい制度が出来たり、受験する人が少なくなっている事もあって、以前より受かりやすくなっている現状のようですし、難易度の高い国家資格である、公認会計士試験に挑むならチャンスの時期と言えそうです。

公認会計士の勉強をしている人の色々な意見

公認会計士の独学は難しいけど、しんどいと思ったことはない。勉強をしていると何かしらの発見がある。論理的に考える過程が大切なんだと思う。そういう時間を大切にしたい。

世の中の試験は、やる気さえ持続すれば何でも独学で合格できると、前まで思っていました。司法試験と公認会計士は無理です。

公認会計士試験に独学で受かるのは無理っていう声しか聞かへんけど、高額料金払って予備校通わな受からんように国家試験が作られとうとはどうしても思われへん。国家試験が生まれて、その後に予備校ができただけの話。予備校通う余裕がないからといって諦めるわけない。俺は勝つ。

Yahoo!知恵袋に公認会計士独学のことについて尋ねたらめっちゃ叩かれた やっぱしそうとうなことなんだよなー独学で公認会計士試験に受かろうとするってことは

独学か予備校か…予備校選びで迷う人も多そうです

まとめ

難易度が高いイメージの公認会計士の資格。確かに難易度が高いのは事実ですが、以前よりは受かり易くなっているのも事実のようですし、公認会計士を目指すなら今がチャンス!

1