老子(ろうし)は、古代中国の哲学者であり、
後に生まれた道教は彼を始祖とする
(老子自身が道教を作ったわけではない事に注意)。

「老子」の呼び名は「偉大な人物」を
意味する尊称と考えられている。

春秋戦国時代の諸子百家のうちの代表的な一人であり、
道家は彼の思想によって生まれた
(道教と道家は別である)。

書物『老子』(またの名を『老子道徳経』)を
書いたとされるがその履歴については
不明な部分が多く、実在が疑問視されたり、
生きた時代について激しい議論が行われたりする。

出典老子 - Wikipedia

前へ 次へ