●その人を知らざれば、
その友を見よ。

●止まりさえしなければ、
どんなにゆっくりでも進めばよい。

●過ちて改めざる これを過ちという

●良心に照らして
少しもやましいところがなければ、
何を悩むことがあろうか。
何を恐れることがあろうか。

●義を見てせざるは 勇無きなり
(ぎをみてせざるはゆうなきなり)

【意味】
人としてなすべきことと知りながら、
それを行わないのは、
勇気がないためであるということ。

出典孔子の名言・格言集。『論語』として世界に生きる言葉 | 癒しツアー

前へ 次へ