知らざるを知らずとなす

これ知るなり
【意味】
知らないことを知らないと自覚する。
それが本当の知るということ。

出典孔子の名言・格言集。『論語』として世界に生きる言葉 | 癒しツアー

前へ 次へ