1. まとめトップ
  2. レシピ

ダイエット中のお肉は、「こんにゃく」と一緒に食べるといいみたい♪

コンニャクは、一緒に食べ合わせた食材の吸収を妨げる効果があるので、ダイエット中に「肉が食べたい・・」と思ったときはコンニャクと一緒に調理しましょう!お肉とコンニャクのレシピだけじゃなく、ご飯が進むコンニャクレシピを紹介しています。

更新日: 2016年09月17日

473 お気に入り 41216 view
お気に入り追加

コンニャクは、「胃のほうき」

こんにゃくと言うと、ダイエット食品のイメージが強いですが、体内の有害物質を一掃してくれる効果があります。

定期的に「コンニャク」を食べて、異の中を健康に保ちたいでしよね。

こんにゃくの栄養を占めているグルコマンナンは、食物繊維の一種であり人間の消化酵素では消化することができない特殊な性質を持っています。

昔から「胃のほうき」と呼ばれ、体内の有害物質をキレイにするために食べるとされていたそうです。

低カロリーなだけじゃなく、糖の吸収を緩やかにしてくれる・・!

グルコマンナンは、食物繊維がお腹の中に入ると、水溶性のため膨張します。そのため、満腹感が生まれ、食べ過ぎの防止につながるのです。

グルコマンナンは血糖値を緩やかに上昇させ血中コレステロールを抑える優れた栄養素なのです。

グルコマンナンは、一緒に食べたものを胃の中で消化させないように働いてくれますので、糖尿病や高脂血症も予防する効果があります。

【ダイエット中のお肉も、コンニャクと一緒なら安心♡】

大根とこんにゃくでボリューム感たっぷりの煮物。甘辛ににんにくのパンチがきいてご飯がススム!

【コンニャク単品でも、ご飯がススムおかずに】

ガーリック&オニオンのパンチのある香りソルトで炒めてから、コクのある照り焼き風ステーキにしました。

【コンニャク&野菜の「あと一品」おかず】

1 2





気になることをサクサクまとめていきます!



  • 話題の動画をまとめよう