1. まとめトップ

[閲覧注意]これは危険・・・猛毒のある動物に襲われた人の末路

これは危険すぎる・・・世界中に存在する猛毒のある動物と襲われた人たちをまとめます。

更新日: 2018年09月08日

0 お気に入り 737 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

torinaviさん

猛毒って何?

強力な毒のこと。猛毒に対する一般的な定義は不明だが、日本では体重1kg当り経口致死量30mg以下のものを毒物、30㎎~300㎎のものを劇物と呼ぶ。一般的には青酸カリ(シアン化カリウム)やテトロドトキシンなどが有名。

猛毒の雑学

ふぐの毒は、青酸カリの約1000倍

「うなぎの刺身」がないのは、うなぎの血液に毒があり、加熱しないと毒が消えないから。

O157が出すベロ毒素という毒が12gあれば、国民を一人残らず抹殺する事が可能。

猛毒のある動物画像

ヒョウモンダコ

熱帯性のタコですが、近年の地球温暖化の影響で生息域が北方に広がってきています。最近では東京湾でも大量に棲息していることが確認されました。
ヒョウモンダコの唾液には強力な神経毒・テトロドトキシンが含まれており、咬まれると神経が麻痺して呼吸困難に陥り、最悪の場合は死に至ります。

猛毒動物に襲われた人の末路

猛毒のある動物動画~水生

猛毒のある動物動画

猛毒情報リンク

1