実は初期の胎児の肛門には穴は開いていません。子宮内で成長するにつれて、口のほうから下がってきた腸と、おしりからくぼんできた皮膚がつながって、一本の通り道になり肛門ができます。このつながった境界線は、「歯状線(しじょうせん)」と呼ばれ、歯状線より上は粘膜部分、下は皮膚部分となっています。
また、肛門内部と出口付近には静脈叢(じょうみゃくそう)と呼ばれる毛細血管が集まった部分があります。歯状線より上の直腸粘膜の静脈叢周辺には知覚神経(痛みを感じる神経)は通っていませんが、歯状線より下側の皮膚部分の静脈叢には、知覚神経が通っています。
このように肛門は、血管や神経等の構造のほか、伸縮性等が異なる2つの組織が同居したデリケートな構造になっています。

出典痔の基礎知識|ボラギノール

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

【閲覧注意】痛い痔(ぢ)!症状と医学画像まとめ【これは怖い!】

異変を感じたらすぐにお医者さんに行きましょう。

このまとめを見る