いぼ痔(痔核)は、その名のとおり、肛門にいぼ状のはれができる状態です。
歯状線をはさんで肛門の内部にできるものを内痔核(ないじかく)、外側にできるものを外痔核(がいじかく)と呼びます。
主に排便時のいきみや便秘等によって、肛門部に負荷がかかることで直腸肛門部の血液循環が悪くなり毛細血管の集まっている静脈叢(じょうみゃくそう)がうっ血して、はれ上がることで起こります。同じいぼ痔(痔核)ですが、できる場所に違いがあるため、その症状は異なります。

出典いぼ痔(痔核)の特徴|ボラギノール痔の基礎知識

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

【閲覧注意】痛い痔(ぢ)!症状と医学画像まとめ【これは怖い!】

異変を感じたらすぐにお医者さんに行きましょう。

このまとめを見る