いぼ痔(外痔核)は、排便時の負荷等によって、歯状線より下の皮膚部分の静脈叢がうっ血してできた、いぼ状のはれを指します。
肛門外側の皮膚には、知覚神経(痛みを感じる神経)が通っているため、いぼ痔(外痔核)ではほとんどの場合、痛みを感じます。
また急性の炎症をおこし、血栓(血のかたまり)ができて大きくはれ、激しく痛みます。

出典いぼ痔(痔核)の特徴|ボラギノール痔の基礎知識

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

【閲覧注意】痛い痔(ぢ)!症状と医学画像まとめ【これは怖い!】

異変を感じたらすぐにお医者さんに行きましょう。

このまとめを見る