きれ痔(裂肛)は、肛門の出口付近の皮膚(歯状線の下にある肛門上皮)が切れた状態で、「さけ痔」とも呼ばれます。便秘による硬い便の通過や、下痢便の強い勢い等で、肛門の出口付近が切れたり、直腸肛門部の血液循環が悪くなることが原因です。歯状線より下にある肛門上皮は、肛門内部の粘膜と違い、知覚神経(痛みを感じる神経)が通っているため、きれ痔には、強い痛みが伴います。

出典きれ痔(裂肛)の特徴|ボラギノール痔の基礎知識

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

【閲覧注意】痛い痔(ぢ)!症状と医学画像まとめ【これは怖い!】

異変を感じたらすぐにお医者さんに行きましょう。

このまとめを見る