治療については、現在のところ、ウイルスに対する特効薬は残念ながらまだありません。一般に、抗生剤や消炎剤等の点眼薬が処方されます。

出典ウィルス性結膜炎 - ウエダ眼科 理事長:植田喜一(うえだきいち) オフィシャルサイト

根本的な治療はできず、抗生剤などでの対症療法となります。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

感染力も辛さも半端ない「はやり目(流行性角結膜炎)」に要注意

夏から秋にかけて流行する「はやり目(流行性角結膜炎)」。アデノウイルスによって引き起こされる病気で、少なくとも1週間は症状が続き、その間登園・通学や出勤はできません。目は充血し、重症化すると痛みで目も開けられなくなることもあるほど危険な病気です。

このまとめを見る