大きな流行がみられた1980年代から90年代までは6月中旬から下旬にかけて増え始め、7月下旬から8月下旬をピークとした季節性がみられましたが、近年は、かつてのような明瞭な季節性がみられなくなってきています。

出典流行性角結膜炎

一昔前までは夏の病気でしたが、今では通年感染の可能性があります。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

感染力も辛さも半端ない「はやり目(流行性角結膜炎)」に要注意

夏から秋にかけて流行する「はやり目(流行性角結膜炎)」。アデノウイルスによって引き起こされる病気で、少なくとも1週間は症状が続き、その間登園・通学や出勤はできません。目は充血し、重症化すると痛みで目も開けられなくなることもあるほど危険な病気です。

このまとめを見る