1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

blue_tigerさん

「ネコふんじゃった」がイケイケのダンスミュージックに?!

原曲同様、耳に残る曲になっています。

9月13日、クロネコヤマトの宅急便でお馴染みのヤマト運輸が、あの名曲「ネコふんじゃった」を、ダンスミュージックにアレンジし、我々の想像の斜め上を行く動画を公開した。

企画したのはクロネコヤマト

全国どこでもすぐに荷物を届けてくれるクロネコヤマトの宅急便。いつもお世話になっている人も多いと思われるが、2016年は「ヤマト運輸」にとって節目の年だとご存知だろうか。実を言うと、宅急便は今年で生誕40周年を迎えたのだ!

発売初日は11個だけしかなかった宅急便も、今では年間16億個以上を扱うまでになったという。それだけでもハンパない成長だが、向上心は尽きない様子だ。というのも、40周年を記念して謎の中毒性を持つ動画を制作していたからである!

この度、誰もが知っている名曲「ネコふんじゃった」をリメイクするというチャレンジに出たクロネコヤマト。「変わらないもののために、変わりつづける。」という信念を体現したとのことだが、一体どんな内容になっているのか。

謎の猫人間が踊りまくる?!

動画「NEKO FUNJATTA | Dancing Black Cats」を再生してみたところ、おなじみのクロネコが登場し、置いてあるレコードに手をかける。すると……目を疑うような光景がそこにはあった!

映像もクラブのような感じでイケイケ。まさかの現代風アレンジが施されており、謎の中毒性のある仕上がりになっていた。

この動画はネットでも大きく話題になっている

猫っぽい振り付けがかわいい! ヤマト運輸が「ネコふんじゃった」をダンスミュージックにリメイク。・・だそうだ!

ヤマト運輸の「ネコふんじゃったRemix」すげー良いんだけどリミキサー誰なんだろう。。。 youtube.com/watch?v=3pKESM…

クロネコヤマトが作った「ネコふんじゃった」動画が想像の斜め上を行っているwww getnews.jp/archives/15223…

youtu.be/ABPMwpzix8s ヤマト運輸さんの「ネコふんじゃった」の動画!! 耳に残るし、おもしろいし、見いっちゃうし!!

実は「ネコふんじゃった」は謎が多い曲

猫踏んじゃった(ねこふんじゃった)は、作曲者不詳、変ト長調または嬰ヘ長調の世界中で親しまれている曲。

発祥国、及び、作曲者すら明らかになっていないものの、世界中で親しまれている曲「ネコふんじゃった」。

国によって曲名が違う?!

♪ねこふんじゃった、ねこふんじゃった~。ピアノなんて習ったこともないのに、これだけは弾けるという人も多いはず。

ところがこの曲、ドイツでは『ノミのワルツ』、フランスでは『カツレツ』、スペインでは『チョコレート』、キューバでは『アヒルの子たち』、メキシコでは『お猿さん』…というように、国によってまったく別の名前で親しまれているのだ。

ねこふんじゃった(日本)
ねこのマーチ(ブルガリア)
猫の踊り(韓国)
子猫之舞(台湾)
黒猫のダンス(ルーマニア)
猫のポルカ(フィンランド)
犬のワルツ(ロシア)
犬のポルカ(チリ)
蚤(ノミ)のワルツ(ドイツ、ベルギー)
ノミのマーチ(オランダ、ルクセンブルク)
アヒルの子たち(キューバ)
三羽の子アヒル(キューバ)
ロバのマーチ(ハンガリー)
お猿さん(メキシコ)
Kalle Johannson (スウェーデン)
トトトの歌(イギリス、アメリカ)
カツレツ(フランス)
チョコレート(スペイン)
公爵夫人(デンマーク)
三女の足(デンマーク)
道化師ポルカ(アルゼンチン)
追い出しポルカ(マジョルカ島)
箸 -Chopsticks-[4](イギリス、アメリカ、カナダ、ハンガリー)
黒のメロディー(ユーゴスラビア)
サーカスソング(イギリス、アメリカ、カナダ)
泥棒行進曲(中国)

1 2