1. まとめトップ

【ブラック・ヴァルキリア・アップル】遊戯王に登場するマジシャンガール関連カードまとめ

ブラックマジシャンガール・竜騎士ブラックマジシャンガール・トゥーンブラックマジシャンガール・幻想の見習い魔導師・マジシャンズヴァルキリア・マジマジ☆マジシャンギャル・ガガガガール・チョコマジシャンガール・レモンマジシャンガール・アップルマジシャンガール・キウイマジシャンガール等

更新日: 2016年09月17日

8 お気に入り 9311 view
お気に入り追加

ブラックマジシャンガール

闇遊戯が使用する主力モンスターの一体であり、《ブラック・マジシャン》の全ての魔法技術を受け継いだ唯一の弟子。
初登場はバトルシティ編の「闇遊戯vsパンドラ」戦で、効果によってパンドラの《ブラック・マジシャン》の数も合わせて攻撃力を上げ、パンドラの《ブラック・マジシャン》を戦闘破壊し、フィニッシャーとなった。
その後も度々登場し、《ブラック・マジシャン》同様の豊富なサポートカードを用いて活躍している。
攻撃名は、「黒・魔・導 爆・裂・破」。
《拡散する波動》発動時の攻撃名は、アニメでは「ブラック・バーニング・バースト」、遊戯王Rでは「超・魔・導・波・動・弾ちょうまどうはどうだん」。

竜騎士ブラックマジシャンガール

アニメDMオリジナル「ドーマ編」で登場した、《ティマイオスの眼》と《ブラック・マジシャン・ガール》が合体して生み出されたカード。
「闇遊戯vsラフェール」(1戦目)において初登場。

トゥーンブラックマジシャンガール

アニメオリジナル「ドーマ編」における「海馬vsペガサス(アメルダ)」戦において、ペガサス(アメルダ)が使用。 他のトゥーンモンスターと異なり、特殊召喚したターンでも攻撃できるのが最大の特徴。

幻想の見習い魔導師

Vジャンプ2016年11月号の付録として登場予定の魔法使いモンスター。
見た目は原作の記憶編に登場する少女マナに似ている。ステータスもブラックマジシャンガールと同数値であり、ブラックマジシャンをサポートする点からも彼女が由来のカードの一枚である。
カード名は同様の経緯で登場した「幻想の黒魔導師」を意識したものとも取れる。

マジシャンズヴァルキリア

劇場版「光のピラミッド」における「闇遊戯vs海馬」戦で闇遊戯が召喚したカード。 ブラック・マジシャン・ガールとよく似た容姿をしているが、こちらのほうが若干髪が長く大人びているほか、光属性であるといった相違点が存在している。 ファンの間ではブラック・マジシャン・ガールと同一人物、あるいは彼女の血縁者として扱われることが多い。

マジマジ☆マジシャンギャル

「高橋和希『遊☆戯☆王』イラスト集 DUEL ART」の発売記念として登場したカード。イラストは描き下ろしで、「ANNIVERSARY PACK」などのカード同様、イラストの外枠がない特殊なものとなっている。
また、本来このイラストは「ブラック・マジシャン・ガール」そのものを描いたものだが、OCG化の際に別のカードにされたらしい。

ガガガガール

その見た目などから、恐らくは「ブラック・マジシャン・ガール」を意識したであろうカード。
「ガガガマジシャン」を「ガガガ先輩」と呼んでいる。この辺りも師匠と弟子の関係に似ているかもしれない。

よく見るとスマートフォンのような携帯電話を持っている。無骨な鎖の先に2つの髑髏のあるストラップもつけている。
いわゆる今時の女子高生と「ブラック・マジシャン・ガール」をあわせたようなデザインであるといえる。
モンスター・エクシーズの攻撃力を0にするときは、この携帯電話を使う演出が入る。

チョコマジシャンガール

高橋和希氏が映画のためにデザインしたモンスターであり、Vジャンプ2016年2月号でデザイン画が公開されている。
しかし作中では登場しておらず、ローソン前売り券の特典などでイラストが使用されるにとどまっている。
映画用にデザインされたマジシャン・ガールの中では唯一、カード名に果物の名前が入っていない。

レモンマジシャンガール

1 2





〈主な記事のジャンル〉
①ミスチル
②二次元・アニメヒロイン
③ゴシップ
④音楽

youtuberもしてます↓

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう