京言葉で「い↓け↑ず↓」とは「意地悪」のことである。

道路に置かれ、それ以上内側を通れないようにする意地悪な石であることから、このように呼ばれているのだと思われるが、定かではない。

特に京都の路地は非常に狭いため、車で通るのは難易度が高く、頻繁に車が壁を擦るなどの事故が生じる。そこで家の角に置いて家を守る、自衛手段として普及した。

出典いけず石 ‐ 通信用語の基礎知識

まぁ言ってる事はわからなくもない

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

やっぱり京都人は性格が悪い?「いけず石」について

古い町並みをみるとたまにみかけるアレ!実はこんな意味があったのです

このまとめを見る