1. まとめトップ
47 お気に入り 160433 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

yentownさん

▼ローファーについて少し

靴ひものない靴(スリッポン、slip-on)で、気楽に着脱できる。
主に革で作られ、準フォーマルにも使える。

靴紐がなく革の弾力で足にフィットさせる構造から、
一般的に小さめのサイズを履き慣らすことが多い。
そのため、通常よりも慎重なサイズ選びが重要

▼”スニーカー感覚でローファーを履きこなす~”、について

今回は、スニーカーのように気軽に”ローファー”を履きこなすため、

・ローファーと ”シャツ”
・ローファーと ”ジャケット”
・ローファーと ”コート”
・ローファーと ”カジュアルコーデ”
・ローファーと ”上級者コーデ”

それぞれのカテゴリー毎に参考となる全身コーデを、まとめてみました。

普段の着こなしがさりげなく、おしゃれになる様な”ローファー”コーデをおススメしています。

□ローファーと ”シャツ”

白シャツとマットな”タッセル”ローファーがキャラクターに合ったコーデ。

型にハマらない着こなしにもローファーが”ハマり”ます。

でシンプルながら好感度の高いコーデ。

力の”抜け”具合を適度にカバーする
ローファーの”キチンと”感が活きた好例です。

出典wear.jp

ネイビーシャツとブルーデニムの色味の違いに合わせた黒ローファーが少し大人なコーデ。

時計やカバンなど、小物に気を使うことでより”らしい”コーデが可能です。

コーデ解説↓↓↓
http://wear.jp/moric/7888078/

飾りのついたローファーを活かしたシャツスタイル。

足元がスニーカーなら何てことはない”普段着”コーデですが、ローファー次第で”大人”カジュアルへ。

個人的にマネしたいコーデです。

出典vokka.jp

白パンツと濃い目のローファーが好相性なコーデ。

サーファーの休日っぽい”ユルさ”と”キチっと”感の両立が本コーデの魅力。

出典kaumo.jp

シャツ”イン”コーデは少しハードルが高そうですが、

小物と足元を同色にまとめる事で、意外と落ち着きます。

ジャケットを脱いだ時にも”スキ”を見せたくない人におススメです。

ニューバランスもイイ感じですが、

今年はぜひ、
上記のブラウン系ローファー、もしくはパンツと同系色のローファーを合わせたいコーデ。

”大人”感でると思います。

□ローファーと ”ジャケット”

的なコーデ。

上半身のビジネス感とデニムパンツを”モスグレー”カラーのローファーが整えています。

ベルトも同系色にするのは”外せない”ポイントです。

出典zozo.jp

を着こなした好例。

意外と難しい細身の”カモ柄”パンツと黒ローファーの組み合わせも、デニム地ジャケットで”イイ感じ”に。

濃いブラウンのローファーが最重要ポイント。

淡い全体を”締め”るのに、効果的なローファーと小物の黒が一段上のグレーコーデを実現してます。

”ツヤ”感のあるネイビーのローファーとベルト・シャツとマッチしてます。

ジャケットの軽さを足元がより引き立てています。

キレイな”飴”色のローファーとジャストフィットなブルーデニムが好相性です。

オールブラックな着こなしに飽きたら、次はぜひこんなコーデを。

で大人の”色気”が出てます。

レザージャケットが難しい方は、インナーと同色のニットから試してみては?

特に、短髪の男性におススメなコーデ。

今でも十分イイ感じですが、

今年はぜひ、
上記の”ツヤ”感のあるローファーを合わせてみたいコーデ。

”絶対”その方がいいと思いますw

□ローファーと ”コート”

出典u-note.me

シンプルな色味のコートスタイル。

いま流行の“ステンカラーコート”
(装飾が少なくシンプルですっきりしたフォルム)
と茶系ローファーが好相性なコーデ。

赤みがかったローファーと同色インナー。

ハットは去年っぽいので、今年は黒のニットを浅めにかぶりたいです。

無理なく”大人”コーデに仕上がるハズ。

”焦げ”グレーなローファーが、ここまで軽やかな秋コーデに仕上がるとは。

スグに取り入れらそうなオリーブカラーのコートと、デニムやローファーがこれからの”バイ”リストに加わりそうですw

のカラーコーデの見本です。

”手塚”帽はキャラ次第ですが、
手袋とカバン、足元のカラーコーデと靴下の色味は地味ですが勉強になります。

ローファーの可能性を感じさせてくれます。

出典wear.jp

使いが参考になります。

コチラも靴下のコーデが最大のポイントですね。

具合がよくわかるコーデ。

明るい青のコートとボーダー使いを程よく黒のローファーが収めてくれてます。

重量アウターも細見パンツと同色ローファーで大人コーデへ。

”ツヤ”感のある黒ローファーをセレクトすることで、男の”色気”もそこはかとなく出るハズ、、、。

1 2