1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

パラリンピックのロードレースで死亡事故…悲しい事故が話題になっている

イランのバフマン・ゴルバルネザド選手がレース中の事故で死亡したと、イランパラリンピック委員会が明らかにしました。ニュースをまとめ。

更新日: 2016年09月18日

isaaccさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
17 お気に入り 288247 view
お気に入り追加

○パラリンピックの自転車レースで死亡事故

イランの選手がレース中の事故で死亡したと、イランパラリンピック委員会が明らかにしました。

山あいのコースを走行中に事故に巻き込まれ、病院に運ばれたが死亡した。

事故が起きたレースは、C4と最も障害の軽いC5のクラスが一緒に行われていました。

○病院に搬送されたものの途中で心停止

イランのバフマン・ゴルバルネザド選手(48)が、レース中に深刻な事故に遭って応急措置を受け、その後、病院に運ばれたということです。

そのため救急車の行き先を変更して近隣の病院に搬送したが、到着した直後に死亡したという。

○自転車競技中に起きた事故

事故が起きた自転車のロードレースが行われたのは、ポンタルと呼ばれるリオデジャネイロ市西部の海岸沿いの会場で、オリンピックでも自転車競技が行われました。

自転車ロードレース(運動機能障害C4、5)の競技中、下り坂のコースで起きた衝突事故により死亡した。

「事故の現場は最もスピードが速くなる場所ではなかったし、障害物もなかった。事故当時の状況についてはさらに調査を進める」と説明しました。

○クレーブン会長は対応に問題はなかったという認識を示した

会長は「パラリンピックで初めての死亡事故が起き、とても悲劇的な日だ」と沈痛な面持ちで話しました。

IPCのクレーブン会長(英国)は「非常に残念なニュースだ。彼の家族や友人、チームメートに哀悼の意を表したい」との声明を出した。

「山道のコースの下り坂のカーブで、選手はコントロールを失った。ヘルメットが激しく壊れていた。救急車はすぐに到着し、病院へ搬送した」などと説明し対応に問題はなかったという認識を示しました。

○ロンドン大会に続く出場をしていたゴルバルネジャド選手

今大会は14日のタイムトライアルに出場し、14位で競技を終えていた。

○このニュースはネットでも話題になっている

パラリンピックって死ぬ人いるのね………………………………………………

そしてパラリンピックの自転車ロードレース中に選手の死亡事故とな…

1 2





日々気になったニュースをまとめます。
皆様の役に立てるよう頑張ります。



  • 話題の動画をまとめよう