1. まとめトップ

債務整理後ブラックリスト掲載期間はどのくらい?

債務整理をすると信用情報機関に金融事故として情報が掲載されます。いわゆるブラックリストと呼ばれる物で、世間一般からはあまり良いイメージを抱かれていません。

これは任意整理でも、個人再生でも、自己破産でも同じことです。

では一体どのくらいの期間ブラックリストに情報が載るのかというと、

・任意整理が5年
・個人再生と自己破産が5~10年

実は信用情報機関は3つの機関があり、それぞれ情報を共有しています。この内日本信用情報機構はいずれの債務整理でも5年情報が掲載されます。

CICは自己破産のみ5年、全国銀行個人信用情報センターは個人再生と自己破産の情報が10年載ることになります。

情報が掲載されるのは任意整理は受任通知が各債権者に通達されてから和解されるまで、そして登録されてから5年、もし分割返済期間が5年以上になると、その間も情報が掲載されます。個人再生、自己破産も申し立て緒を子なったその日から掲載され、解決されてから5~10年となります。

ブラックリストに載るその他の条件と情報開示

ブラックリストに掲載される条件は債務整理以外にもあります。また債務整理と認識されていない債務整理の中に過払い金請求があるのですが、過払い金請求をしたことは信用情報機関には登録されません。なぜなら過払い金請求はあなたが支払いすぎた金利を取り戻すための行為だからです。

返済を滞った、入金予定日より3ヶ月以上延滞している、延滞が解消されたという場合は掲載されますが、過払い金請求がブラックリストに載ることはないのです。またあなたの今の状況を知るために情報開示を求めることができます。

信用情報機関によって開示方法が違うので調べる必要がありますが、情報開示にお金はかかりませんので、気になる方は開示請求すると良いでしょう。

ブラックリスト掲載中の注意点

信用情報機関に情報が掲載されると新規の借入れやローンを組むことができなくなります。つまり新たな借金をすることができなくなるということです。

確かに任意整理や個人再生は借金を減額してもらっていますし、自己破産は借金を0にしてもらっているのですから新たな借り入れができないことくらい容易に想像がつきます。掲載されている情報も、CICは返済状況や終了状況、全国銀行個人信用情報センターは借入れ状況や代位弁済のことなどとなっていますから、債務整理をしたことが分からないはずもありません。

もう一つ注意したいのは個人再生や自己破産をしたとき、官報に情報が掲載されるため悪徳業者からDMが届くことがあるということです。ブラックリストでも借りられるなど甘い言葉が書いてあるのですが、載ってしまうとまた借金を背負い、2回目の債務整理をせざるを得ないこともあります。そうするとまたさらに5~10年借入れができなくなりますので注意しましょう。

金融ブラックの時効はどのくらいでしょうか。債務整理などして5年間は信用情報機関に履歴として残ります。ではその後カードを持てるかと言うと、以外と難しいかも知れません。5年後に履歴が消えたとしても、その間全くカードを利用していない事を不信に思うカード会社は多いです。 #ブラック

住宅ローンや他の借入も時間がたてば確実というわけではなさそうですが、逆に経過していなくても借りれるケースもあるようです。

ローンの申し込み自体はできますが、100%といっていいくらい審査に通ることはありません。しかし、債務整理の情報が信用情報機関から消えれば、ローンを組むことはできます。

また、債務整理をすると信用情報機関に登録されます。信用情報機関に登録されると、一定期間はキャッシングやクレジットカード、ローンの申し込みをしても審査が通りづらいです。その間はお金を借りることができないので、何かと不便に感じることも多くなるでしょう。

1





machinohouritsukaさん

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう