1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

blue_tigerさん

17日夜、ニューヨークの繁華街で爆発事件が発生

17日午後8時半ごろ、マンハッタン・チェルシー地区の大通り沿いにあったゴミ箱で爆発があり、29人がケガをした。

アメリカ・ニューヨークのマンハッタンで17日夜、大きな爆発があった。これまでに29人がけが、うち1人が重傷。警察は爆発は「意図的なもの」との見方を示した。

爆発の瞬間とみられる防犯カメラの映像には、大きな衝撃が起きた後、人々が走って逃げる様子が映っている。爆発があったのはマンハッタンのチェルシー地区で、現地時間17日午後8時半ごろ、大きな爆発音が響いた。これまでに29人がけが、うち1人が重傷。

NY州知事は「明らかなテロ行為」と非難

ニューヨーク州知事は「国際テロ(組織)と結びついたものではないが、明らかにテロ行為だ」と述べた。

同日、ニュージャージーのマラソン大会でも爆発事件が発生

目撃者「レースの合図かと思った。ゴミ箱を見ると煙が出ていて残骸が散乱していた」

奇跡的にケガ人はなし

けが人はなかったが、付近で手製の爆弾とみられる不審物が見つかった。CNNによると、不審物は時限式の「パイプ型爆弾」で、三つが針金で束ねられていた。爆発せずに残った一部とみられる。

大会は退役軍人のための慈善マラソンで、午前9時開始の予定だった。登録手続きに手間取り、スタートが予定時刻より遅れたため、巻き込まれた人が出なかったという。爆発後、大会は中止された。

現場の近くの道路は、アメリカ海兵隊の遺族などを支援している慈善団体が主催する5キロのマラソン大会のコースとなっていて、爆発があった時間帯には参加者が通過する可能性があったということです。

しかし、コースで不審なかばんが見つかったことから、マラソン大会は事前に中止されていたということです。

二つの事件は現段階では関連性不明

ニューヨークで起きた爆発との関連は、いまのところ、はっきりとはしていません。

隣接するニュージャージー州でも同じ日、マラソン大会の沿道のゴミ箱で、パイプ爆弾が爆発する事件があり、捜査当局が関連を調べている。

しかし、新たな事実も……

犯人らしき男が防犯カメラに映っていた?!

NBCテレビは、男がゴミ箱に何かを取り付け立ち去った後に爆発する様子が防犯カメラに映っていたと伝えている。

NBCテレビはゴミ箱に男が何かを取り付け立ち去った後に爆発が起きる様子が防犯カメラに映っていたと伝えていて、警察は現時点でテロとの関連性は不明だとしながらも、爆発は「意図的なものだ」と断定した。

1 2