1. まとめトップ

「浅草物語」だけじゃない!「こち亀」神回まとめ

こち亀の泣ける話、感動・人情話といえば「浅草物語」「檸檬が泣いた日…」「お化け煙突が消えた日」「勝鬨橋ひらけ!」あたりが有名ですよね!今回はそんな有名話に加え、あまり知られていない「実はいい話」も加えてまとめてみました。

更新日: 2017年10月29日

16 お気に入り 254105 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

こち亀の魅力の一つは大人でも思わずジーンときてしまう、「イイ話」ですよね

こち亀 40年・・・ 両さんお疲れ様!! 両さんのハチャメチャ振りとともに、下町人情が魅力的ですね!!

おれは こち亀好きだったのは ガキの頃 オヤジと風呂屋いくときに 中古本屋で100円の棚から2~3冊適当にかって 風呂の長いおやじをまってるときに 読むのが好きだったから けど 両さんには 人情を教わったと思ってます ただね 両さんは ほんのすこし不気用なだけさ

こち亀って超長期連載と知名度とたまに入る人情話がいい話多いから国民的漫画!みたいな扱いだけど初期から最新話に至るまでアナーキーでロックな描写だらけな気がする…

こち亀最終巻買ってきたので読んでるんだけど、檸檬の幼稚園の寿司実習で両さんの人情が滲み出ててとても好き。

そんな「イイ話」をあまり知られていないモノ中心にご紹介

初期のこち亀は主人公の両津勘吉らが銃をブッぱなし、ドタバタするパターンが多い。そうした中では異色で、後の『こち亀』で時折描かれる人情モノの前身となるであろう作品だ。クリスマスに派出所で1人ボッチになってしまった両さん。強がっているものの寂しくなるが、思いがけず子どもからプレゼントをもらう、ほっこりエピソードだ。

25年に一度の祭りの日。大原部長は、かつてスリの名人と呼ばれた唐沢政五郎と再会する。政五郎は もうスリはやめたと言い、中川をも見事に欺くが、部長だけは全てを見抜いていた。
・大原部長が凛々しく決める、シブいエピソード。後半の展開は、秋本先生の劇画へのこだわりを感じさせます。

部長の大人の渋み、独特の読後感がたまりません。割と初期にはこういう話が多かったです。

こち亀216話「祭り太鼓」 たまたま出勤前に見てたら涙止まらなくなった…感動回は化粧が落ちる。笑

大原部長の娘・ひろみの新居に遊びに行く事になった両さん。部長は「一緒に行きましょう」との言葉に渋っていたが、当日になって合流。全く落ち着かない様子で、娘の生活ぶりを懸命にチェックする。
・22-6で結婚した部長の娘・ひろみさんと夫・英男氏の新居が登場。サブタイトル通り、部長の親心が感じられる、なかなかにシブいエピソードです。

こち亀24巻 親心・・・の巻より。部長の娘が22巻で結婚して新居に招く話。部長が寝てる横でこき下ろすもいいとこもあるんだよ、という話からラストにつながる人情話的エピソード。 #こち亀 #両津勘吉 pic.twitter.com/BZkgj27quE

仕事で長崎県警へ行くことになった両さんですが、もらった交通費を全部使ってしまい自転車で向かうことにします。さすがにこれは無理だったようで、麗子さんの助けを借りてなんとか大阪まで行くことに成功。次の手段として東京から本田さんを呼び出し、長崎まで送るよう命じます。しかしその途中、広島でガソリンが無くなり、さらに無一文になってしまいます。

このトラブルにも両さんはたくましく、ある裏ワザでガソリンを入手、さらに見知らぬ老夫婦の家を訪ねて「親戚の者」と名乗り、無理やり泊めてもらいます。おいしい料理を食べ、布団でぐっすり眠る両さんですが、本田さんは気が気ではありません。ついに良心の呵責(かしゃく)に耐え切れなくなり、翌日の朝に老夫婦に「親戚というのはうそだ」と伝えますが……

私が唯一持っているこち亀の単行本は、両さんが本田と広島長崎旅行をする回!いい話~! 最終巻を買おうかなと思ったけど、妹に単行本用のラストを聞かされてしまった(;_;)別にいいけど!買うけど!

@ppcc1972 36巻の両さんの長崎旅行ですね!!!!!めっちゃあの回僕もすきです・・!!本田だけ先に帰されるくだりとかもゲラゲラ読んでた記憶・・!! pic.twitter.com/pj2MkeNMlm

やっぱり長崎旅行が一番両さんらしいストーリーと思ってます。 #こち亀 #こち亀40周年

「ガキのころからよく遊びに来てたからな」夜勤明け、両さんは中川を連れ上野へ。上野公園を散歩したりアメ横を冷やかしたりしながら、子供の頃に起こした事件の数々などを語っていく…。

泣けるというよりもほのぼのした回。両さんと中川・麗子の人情味あふれる回になっています。

こち亀63巻の「わが町・上野」というお話が物凄く良いぞ。秋本先生、どうにかしてこういう話を今のジャンプで描いてくれないかな。

久々にこち亀63巻のわが町上野を読んだ。両さんが語る過去話は過激だが(両津家の乱とか弁天堂炎上とか)基本的にほのぼの。両さんと中川が散歩するだけ。オチの夕暮れをバックにした上野の風景も素敵。 #こち亀 pic.twitter.com/2YbTBRoPc2

こち亀の「わが町・上野」は漫画なのにトークで押しきった回として大好き p.twipple.jp/VqYWb

1 2 3