<なぜ、そうなるのか>
旧約聖書の掟がそうだからです。
神話は、「神」による天地づくりが大詰めに近づいた六日目、「神」がこうつぶやいたと伝えています。
「‘今日こそ、われわれ(神々)の姿にかたどって人間をつくろう。人間に魚や鳥や獣たちを治めさせよう’・・・そして、神は自分たちの姿にかたどって人間の男女をつくり、彼らを祝福して言われた。‘生めよ、増えよ、地に満ちよ。地を従わせよ。すべての生き物と家畜を治めよ。全地の上にある草・草の実・木の実はすべて、お前たち人間に食料として与えるぞ’・・・そのとおりになった。」

カバラでは次の大ワクをみちびき出したのです。
「金曜日生まれの人は神に祝福され、神々に似た姿で生まれた。彼らは地を従え、鳥や獣たちを治める使命を授けられた。すべての草木の実を食料としてもらった。だから、金曜日生まれは一生食いっぱぐれがない。また、広い土地、豊かな実り、たくさんの家畜を持つことができるだろう」と。

出典「ノストラダムスの大秘法」五島勉著

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

カバラの占い ~ 何曜日に生まれたかで、あなたの性格・運命が決まる!!

カバラの占い ~ 何曜日に生まれたかで、あなたの性格・運命が決まる!!(日曜日生まれ)闇から光へ。(月曜日生まれ)男らしく、女らしく。(火曜日生まれ)場所を選んで咲く花。(水曜日生まれ)管理する人。(木曜日生まれ)カンに賭けて翔ぶ人。(金曜日生まれ)多くの幸運に恵まれる。

このまとめを見る