1. まとめトップ
  2. おでかけ・グルメ

えっ、そんな温泉がっ!!ユニークな名前の♥素敵な温泉が熊本にあった!!

まだまだ日本には素敵な温泉がたくさんありますね~。おんせん県・大分県との県境の熊本県にある、わいた温泉郷をご紹介します。

更新日: 2017年03月08日

warabigumiさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
20 お気に入り 6318 view
お気に入り追加

♥ユニークな名前の温泉とは…?

♥その名の由来は…。そう、そっちじゃありません。もちろん。

大分、熊本の県境、九重連峰の一番西にある円錐形のきれいな山。小国富士とも呼ばれます。
http://kumanago.jp/event/?mode=detail&id=430000000331

その名の由来は、湧蓋山(わいたさん)の南斜面の日当たりが良い場所を“はげ”と呼んだことや、温泉の蒸気のために草木が育たない“はげ地”など、いくつかの由来がある。

♥阿蘇の絶景と一体になれる、「わいた温泉郷・はげの湯温泉」。

ネーミングに惹かれてよく調べもせずに行ったのですが、見渡す限り山という素晴らしい隠れ里感ある場所でした。

♥はげの湯温泉のある、「わいた温泉郷」とは…?

棚田が広がりのんびりした風情。しかし、至るところから湯気が吹き出していています。

町の道のあちこちから煙が湧き出ています。 その湧き出て湯煙で、煮物をしたりもされています。

小国富士とも呼ばれる涌蓋山(わいたさん)麓に広がる、六箇所ある温泉地(はげの湯温泉、岳の湯温泉、地獄谷温泉、山川温泉、麻生釣温泉、鈴ヶ谷温泉)を総称して「わいた温泉郷」と呼んでいます。

▼「わいた温泉郷」の6ヵ所の温泉地めぐり。

特徴ある温泉が沢山あります。どこに行こうかな…

温泉のほかにも、温泉蒸気を利用した蒸し料理「地獄蒸し」や、いつでも一番風呂に入れるコインタイマー式の貸し切り湯などが人気

♥①雄大な阿蘇の自然と一体に、「わいた温泉郷・はげの湯温泉」。

標高760mの位置にあり、わいた山の西麓に沸く高原の温泉です。

わいたで最も高台にある混浴露天風呂は標高約800m。大人限定のお宿。 お風呂は全十八種類あり湯巡りが堪能できます。
http://oguni-sansui.com/

外灯が少ないですが、星を見るには最高と思います。満天の星空が近くに見れます。

出典onpara.jp

涌蓋山を一望できる露天風呂。夜は満天の星空が包み込み、時期によっては明け方に雲海を望む事も。
日によってほんのりとお湯の色が変わる神秘的なにごり湯を貸切の露天風呂で。
http://www.waitasansou.com/page.php?PAGE_NO=115

泉質は2種類で、透明なお湯とブルーがかった乳白濁のお湯があった。どちらもヌルヌルすべすべ感の良質な温泉だった。

出典onpara.jp

七つの湯どころがあり、どの風呂も本館と少し離れた場所に設けらています。ほんのりと青みがかった温泉が幻想的。
http://www.e-matuya.com/page.php?PAGE_NO=81

夕暮れの湯煙と宿の窓の灯りがとても幻想的でした。宿泊中もあまり人に会うこともなく、宿の外は見渡す限り阿蘇の山並みが広がっています。

コインタイマー式の温泉。蒸し釜コーナーと食べるところがあります。24時間営業の家族風呂。1部屋50分800円~
離れの別荘感覚で素泊まりできる宿泊棟があります。専用の風呂と蒸し釜付き。
http://www.kunugiyu.com/

入浴者は温泉熱を利用した地獄蒸しと休憩所を2時間利用できます。
タマゴは加熱されるのが早いのですが、時間のかかるイモなどは、まず釜に入れてから入浴して。湯上りに取り出すとちょうど良いタイミングで蒸し上がるそう。

コインタイマー式の温泉。

食材の持ち込みもOK!好きな食料を持参して楽しもう。注)タマゴとサツマイモは受付でも販売しています。

♥②「岳の湯温泉」・ホワイトブルーのにごり湯が神秘的。

1 2 3





warabigumiさん