1. まとめトップ

評判の良いにきび治療薬まとめ

いろいろニキビ治療薬がありますが、病院で処方されるもの、ジェネリック、市販薬で評判の良い物をまとめました。意外とオロナインの評価が高いです。体質に合えば安いし他にも使用できるので便利ですね。

更新日: 2016年09月23日

6 お気に入り 13929 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

mirei0000さん

評判の良いニキビ治療薬

ディフェリンのジェネリックであるアダクレンジェルは
有効成分アダパレンの効果により
皮脂細胞の毛穴を皮脂で詰まらせない効果が期待できます。
炎症を起こして化膿してしまった
赤いニキビにも使用することができます。

アダクレンジェルはニキビ治療薬でも有名である
ディフェリンのジェネリックであり
もちろん成分は同じで同じ効果が期待できるニキビ治療薬です。

日本国内では2015年にようやく使用が始まった新しい薬です。

デュアック配合ゲルはダラシンとベピオの合剤です。「ダラシンとベピオのいいとこどり」という薬です。

ダラシンTゲルのジェネリック医薬品です。
主成分であるクリンダマイシンは、ニキビの赤みを改善しニキビ跡になるのを防ぐ効果があります。
ニキビ菌、ブドウ菌など殺菌する作用があるので、効率よくニキビを改善することができます。

ミノマイシンは、アメリカのファイザー社が開発した薬です。
「ミノサイクリン塩酸塩」という‘テトラサイクリン系’の抗生物質が主成分です。
この成分は、細菌が増える時に必要なタンパク質の合成を阻止する働きがあります。
それにより細菌が成長できなくなって数が減り、ニキビの症状が改善されます。

細菌の増殖を阻害し、殺菌作用もある新キノロン系の外用抗菌剤が「ナジフロクリーム」です。通常は、ニキビやおでき、トビヒなどの皮膚感染症治療に使用されます。

軟膏タイプですので、患部への密着率が高く特にニキビが酷い時に使用するようにします。

「イオウカンフルローション」はその名の通り「硫黄」と「カンフル」を混ぜた塗り薬です。硫黄には、角質を溶解させる作用があり、毛穴を塞ぐ原因となる皮脂の詰まりと角栓化を抑えて角質をなめらかにし、毛穴に溜まっている皮脂や細菌の排出を促してくれる作用があります。

アゼライク酸はその他にも、こうじ酸のように美白効果があることで知られ、又、ニキビ、酒さ、薄毛を改善、炎症を抑える効果、バクテリア殺菌効果などもあり万能なアンチエイジング成分ともいわれています。

主に皮脂の分泌を抑える作用と抗菌作用によって、あらゆる種類のニキビの治療と予防に使うことが出来ます。バイエル社のスキノレンクリームのジェネリック医薬品になります。

1回250mgを3~4回に分けて服用。小児は20~40mg/kgを3~4回に分けて服用。配合剤は、1回375mgを3~4回に分けて服用。小児用ドライシロップは、48.2mg/kgを12時間ごとに2回服用(食事の直前)

アモキシシリンカプセルの主成分は、アモキシシリン水和物です。

ペニシリン系の抗生物質で、様々な細菌の細胞壁の合成を阻害しその繁殖を防ぐという、殺菌的な作用を持ちます。

テラ・コートリル®軟膏aは優れた抗炎症作用を示すヒドロコルチゾン(副腎皮質ステロイド)とグラム陽性菌および陰性菌などに広い抗菌力を示すオキシテトラサイクリン塩酸塩を配合。化膿をともなう湿疹・皮膚炎に効果的です。

ステロイドは医師に処方されなければ基本的に使用できませんが、テラコートリルのステロイドは最も刺激が弱い5群のため市販でも購入できます。それでもヒドロコルチゾンは強力な抗炎症作用があり、ニキビ跡の赤み、赤ニキビに効いていきます。

イブプロフェンピコノールという抗炎症作用のある成分が赤ニキビに効き、また殺菌性のあるイソプロピルメチルフェノールがニキビを根本的に治していきます。赤ニキビであれば1週間ほどで目に見えて症状が改善されます。

角質軟化成分イオウが詰まった毛穴を開き、粘土質のクリームが余分な皮脂を吸収します。
殺菌成分IPMP®が、ニキビの原因アクネ菌を殺菌します。
抗炎症成分グリチルレチン酸が、ニキビのハレ・赤みを鎮めます。

日々の継続的なケアや大人ニキビのケアには向かないニキビケア商品だと言えます。クレアラシルは、炎症があるニキビに対して炎症を抑え、大きいニキビを小さくする効果が期待できるニキビケア化粧品です。

オロナインがいいらしい!!

ニキビの要因となるアクネ菌を殺菌してくれることでニキビに効果があります。

にきびのほか、ヒビ・あかぎれ・切り傷・やけどにも使える
・ロルヘキシジングルコン酸が殺菌!
・ステロイドは入っていません!

1 2