1. まとめトップ

五輪に向けて伝統グッズ【風呂敷】が流行。あのブランドも!ママも!女子高生も!

オリンピックが近づくにつれて日本文化が見直されている。そんな中、風呂敷が今、注目されている。何にでも使える汎用性の高さがアンテナの高い人々の琴線に触れているようだ。また、この流れは若いコたちの間でも流行。カバンの中のサブバックなどで利用されている。

更新日: 2016年09月20日

1 お気に入り 12890 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

★なんで流行っているのか?★

・バックとして、緊急エコバッグとして、エコロジーの観点
・スカーフのように何にでも使えるファッション小物性
・カワイイを体現する新たなアイテムとして
・インテリにも使えるような布の可能性
・包む、身に着ける、隠す、インテリア、などなど汎用性の高さ

★有名ブランドも続々と風呂敷を展開!★

グッチ創設90周年記念のレザー風呂敷

90周年の記念に、グッチ発祥の地フィレンツェと、姉妹都市である京都が誇るクラフトマンシップの伝統を融合させた作品。表は、グッチらしい鞣し革を使用しつつも、柔らかい印象を持たせる優しい珊瑚色。裏は、CGパターンが和風にアレンジされていて、とても粋。表にも、しっかりとGUCCIのロゴ。

マリメッコの50周年を記念してウニッコ柄風呂敷

世界で愛され続けている、あの愛らしいモチーフ! 「マリメッコ」のアイコニックな花柄「ウニッコ」

★小学館創業90周年記念 少女マンガ風呂敷で大物漫画家とコラボ★

萩尾望都「ポーの一族」風呂敷

吉田秋生「BANANA FISH」風呂敷。

渡辺多恵子「風光る」風呂敷。

田村由美「BASARA」風呂敷。

篠原千絵「闇のパープル・アイ」風呂敷。

★赤ちゃんグッツとして賢いママたちには既に定番アイテムに!★

ベビースリングとして

巾サイズはアレンジ次第で使い方がどんどん広がります。
ママへのおすすめは、ブランケットやおくるみとして。
また抱っこひもとしてや、おむつ替えのシートにもお使いいただけます。

赤ちゃんを包む

風呂敷でおひな巻きにして子宮の中と同じように、ぴったり包み込み。抱っこでスクワットしながら首や後頭骨を緩めてあげると、
ピタっと泣き止み、すやすや

風呂敷や正方形のショールで抱っこ

1 2