1. まとめトップ

【18年卒就活】エントリー解禁前にしておくべきこと

エントリー解禁前にやっておけば良かったと思う事、まとめました。

更新日: 2016年09月19日

10 お気に入り 10733 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

21352076さん

2017年卒の就活も終盤。早くも2018年度の就活がスタート

[新商品発表]島おこしインターンシップ経験者に会える採用企画「島キャン就活Fes」、2018年度イベントを12/10に開催します。 - BIGLOBEニュース buff.ly/2cAi3Jl pic.twitter.com/bUF0vohNdS

【2018年度生の方々へ】 こんばんは、プレミアムスタイルです。 ついに2018年度生の就活解禁日が6月1日と発表され、いよいよ就活がスタートしていきますね。 そこで今回は、9月に行う就活力診断テストの特別な情報です!... fb.me/Ze1LgB3i

就活で1番大切なのは『企業選び』

入れる企業ではなく、入りたい企業を選ぶ

エントリーが始まる前の今だからこそできるのが『情報収集』

就活の肝は、情報。準備段階多くの企業を視野に入れ、調べよう。
いざエントリーが始まると、履歴書やエントリーシートの作成、選考などが次々と入り、企業をじっくり調べる時間がとりづらくなってしまう。

忙しくない今のうちに、とにかく少しでも気になる企業の情報を収集する事。

情報収集をする際に大切なポイント

■自分の可能性を限定しすぎない

大学の専攻・得意科目・持っている資格等に捉われすぎない事も重要。
大学で学んできた事を活かせる業種は魅力的だが、それ以外にも目を向けてみる事も必要。

■軸を決めつけない

就活ではよく「就職活動選びの軸を決めるべき」と言われますが、この段階では決める必要は全くありません。
何故なら、就活が進み、面接等を受けていくうちに、軸は変わっていくからです。
今は、そんな軸が変わった時にも、「そういえばあんな企業もあったな」と、未来の自分が活用できる情報を集めましょう。

給与ばかり、知名度ばかり、社風ばかり、等ではなく、多目的な視野で企業を見てみましょう。

■少しでも多くの希望条件を書き出してみる

給与、勤務地、福利厚生、社風、売り上げ、希望職種、休日数や土日出勤の有無、男女比など、細部まで自分の希望を全て書きだしましょう。

それを優先度順にグループ分けしましょう。
ひとつひとつに順位をつけるのではなく、優先度A~E程度のグループに分けるのがポイント。
ひとつずつ順位をつけると、同程度の重要さの項目に対して、どちらを優先しようか悩んでしまします。
それを考えるのは後からで大丈夫なので、今の段階ではグループに分けましょう。

■面倒くさいけれども、足を運んでみる

もし会社が行ける距離にあるのならば、少し見に行ってみるのもオススメです。建物の雰囲気や立地条件、働く人の姿を自分の目で見てみると、「なんか良い感じだな」「あんまりここで働きたくないな」等、感じるものがあるはずです。

インターンシップに参加するのもオススメ。話を直接聞くことができ、社風を感じることも出来ます。

多くの情報を得た者が、就活を制すと言っても過言ではない

決めつけはNG。とにかく今は少しでも多くの可能性を検討してみよう

色々な可能性を検討しておかないと、いざ内定をもらった時、「本当にこれで良いのかな」等と迷いにもつながる。
給与よりやりがいを企業に求めて就活を進めていても、友人が給与の良い企業に内定が決まると、「その会社の方が良さそう・・・」なんて思うことも。
内定後迷わない為にも、今多くの可能性を検討するべき!

1