1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー
119 お気に入り 139599 view
お気に入り追加

自由の国アメリカは

米テレビ界最高の栄誉とされる第68回プライムタイム・エミー賞の授賞式が9月18日(現地時間)、ジミー・キンメルの司会で開催された

大ヒットNetflixオリジナルシリーズ「ストレンジャー・シングス 未知の世界」のミリー・ボビー・ブラウン(11役)、カレブ・マクローリン(ルーカス役)、ガテン・マタラッツォ(ダスティン役)がステージ裏から自転車で登場し、茶色い紙袋に入ったサンドイッチを配った。もちろん、エミー賞のスタッフもお手伝い。

「僕のママが7,000個 のピーナッツバターサンドとジャムサンドを作ってくれたよ。今、おなかすいてる人いる??『ストレンジャー・シングス』の子どもたちから貰って!」とジミー!あのドラマのあの人も食べました(クリックで再生)

実際に配られてきました!!あたたかいコメント付き! ありがとうmom #エミー賞 #AXNJapan #海外ドラマ pic.twitter.com/yxnE7r45G1

「今夜は楽しんでね!勝っても負けてもあなたのママは、いつも愛してくれるわ。飲み過ぎちゃダメよ。xoxo。ジミーのママより」とメッセージが。粋だなあ

見てる側がヒヤっとするほどの、怖いもの知らず

コメディアン・歌手・司会者でもありプロデューサーでもある彼の多才ぶりは鬼才とも言われるほど

ヒラリーとのインタビューが始まると、ジミーは医療用マスクを着用。彼女がジミーのユーモアを賞賛し、ハイタッチをすると今度はジミーはその場でヒラリーと触れた手を消毒したのだ

まさかのばい菌扱い!?

一方、19日には #クリントン 氏も登場予定。すでに行われた収録では、肺炎から回復したばかりとあり、ファロン氏はマスクをしてお出迎え。大笑いのクリントン氏とハイタッチしたあと、今度は手のひらを消毒したそう。こんなブラックジョークがうけるのも、アメリカならではですね!

「髪をむちゃくちゃにしてもいいですか」。司会を務めるコメディアンのジミー・ファロンの頼みに、トランプ氏は苦笑いしながら「イエス」と快諾

トランプが番組の司会者に髪の毛ぐちゃぐちゃーってやられてカツラ疑惑を払拭してたけど見てるこっちが不安になっちゃった

ヒヤヒヤしちゃいました。。。

一方こちらも、アメリカっぽい~w

黒人コメディアンとして歯に衣着せぬ物言いが時には過激で物議を呼ぶが、その痛快なジョークが数々の笑いを起こしてきた

アメリカでは2月から3月にかけての週末にガールスカウトの少女たちが資金集めを目的にクッキーを販売するのだが、多くのセレブが集まる授賞式は少女たちにとっては絶好のチャンス!

資金集めのためにガールスカウトたちがクッキーを売った売り上げは、6万5,243ドル(約780万円)だった

食べ物配るブームはここから?

日本での知名度は今一つではないかと推測するのだが、エレン・デジェネレスはアメリカではかなりの人気を誇るコメディエンヌ

1 2





marimarimari0816さん

北部を統治します