1. まとめトップ

老廃物を一気に流す!静脈マッサージとは!

顔のマッサージというと、リンパマッサージが有名ですが、静脈もリンパと同様に老廃物や余分な水分を運ぶ働きをしています。スッキリと小顔になると注目されている静脈マッサージについてまとめてみました。

更新日: 2017年08月27日

41 お気に入り 15997 view
お気に入り追加

小顔の大敵むくみ!

血管やリンパの流れが悪くなっていると、余分な水分の回収が行われないため、むくんでしまうのです。

出典jlms.info

リンパ管で回収された水分は、鎖骨下静脈で合流し、ふたたび全身へ循環されます

顔のむくみを排出して小顔を作るテクニックというと、これまではリンパマッサージが一般的でした。

なぜ静脈なの?

実はむくみの原因である体内の過剰な水分のうち、リンパ管で回収されるのは10%程度。90%は静脈で回収されるのです。

つまり身体の水分のメイン通りである静脈の働きをスムーズにすることこそが、最も効果的なむくみ解消法といえます。

リンパ管は静脈に比べてとても細いので、マッサージで排出を促すには時間が必要。それに比べて多くの水分を回収する静脈は太いため、マッサージで効率的に流すことが可能です

静脈マッサージのポイント

静脈には太い静脈と細い静脈がありますが、
ポイントは、細い静脈から太い静脈に流していくこと。

まずは首の静脈の滞りを解消し、老廃物の出口を確保。右エラの少し手前に左の人さし指~薬指を当て、鎖骨まで流す。左側と交互に5回ずつ。

“顔の中心から外側に向けて、静脈の流れに沿って血流を促すことが静脈マッサージの基本。
このとき、最終地点を太い静脈が流れている耳珠”(耳の穴の前)、“耳垂”(耳たぶの下のつけ根)、“マンディブラーノッチ”(エラの角から輪郭に沿って1cm下側のへこみ)に定めます。

ここに向けてマッサージを行えば、血流の滞りはどんどんなくなり、確実にむくみが解消。すぐに小顔を実現!

顔の中心から①、②、③に向けて流すのがポイント

人差し指~薬指の三本の指の腹を押し当てスーっとスライドさせるイメージで。皮膚をこすったり、摩擦したりするのはNG!

静脈マッサージの効果は?

静脈マッサージをした顔は、余分な水分が流れることによりフェイスラインがスッキリとし小顔効果を感じる人が多いようです。顔のむくみが取れれば、目元もぱっちりとし一回り大きく見えます。

お肌の新陳代謝も活発になり、よどみや濁りの無い透明感のある美肌になる効果も期待できます。

1





よっささんさん

体にいいもの 役立つこと紹介していきます。