1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

新型軽乗用車「ムーヴ キャンバス」

9月7日新型ムーヴキャンバス誕生
デザイン✕ベンリ=あたらしい
全17色の豊富なバリエーション

車名の「キャンバス」は、帆布の"canvas"ではなく、実は"canbus" と表記する。ダイハツによると、これは「CAN=何でもできる」+「BUS=ミニバスのようなデザイン性」により、「暮らしの可能性を広げられるクルマを表現」したものだとか。

デザインコンセプトは「ナチュラル・愛着・アクティブ」だそうです。両側スライドドアを採用し、とてもベンリな一台に仕上がっています。

キャンバスの「バス」はミニバスとのことで、
フォルクスワーゲンバスに似ているという話も当たり前だったということになりますね。

ムーヴ キャンバスの主な特長は、以下の通り
1.おおらかでシンプルな丸みのあるシルエットと、こだわりを感じる内外装デザイン
2.クラス初の両側スライドドア採用による新しいパッケージングと新発想のレイアウト
3.「置きラクボックス」「AFS」「パノラマモニター」など幅広い世代の使いやすさを考えた新アイテムの採用

軽乗用車で史上初となる後部両側スライドドアを採用

最大の特徴は全高1,700mm以下の軽乗用車としては初となる両側スライドドアの採用だ。箱形のパッケージを丸みのある線でソフトにまとめたボディのサイズは、全長3,395mm × 全幅1,475mm × 全高1,655mm。ムーヴより25mm高く「ムーヴ コンテ」と同寸だが、2,455mmのホイールベースはムーヴ コンテより35mm短くこちらはムーヴと同一。最小回転半径もムーヴと同じ4.4mとなる(ムーヴ コンテは4.5m)。

燃費

ムーヴやキャストと同じ新型プラットフォームを採用し、燃費は2WD(FF)で28.6km/L、4WDで27.4km/Lという数値です。

インテリア

自発光式大型センターメーターを採用するほか、リアシート下に引き出し式の収納スペースを設けた日本初の「置きらくボックス」を採用。荷物を入れたままリアシート下に格納可能な「ケースモード」と、引き出した状態で中敷を立てることで転倒しやすい荷物を安定化する「バスケットモード」の2Wayとなっている。

一部のグレードに設定されるグレードの「メイクアップ」では、メッキ加飾とインテリアアクセントカラーで室内をコーディネート。シートの表皮にもソフトタッチの素材と専用のパイピングが施される。また、メーカーオプションの「ブラックインテリアパック」では、シックで落ち着いたイメージが演出される。

安全装備としては、スマート・アシストIIと呼ばれる衝突回避支援システム、ヒル・ホールド・システム、エマージェンシー・ストップ・シグナルが備えられている。

また女性のことを考えて、紫外線だけでなく赤外線(暑さを感じる主因)をカットする ‘スーパーUV & IRカット・ガラス’ を採用。

花粉やPM2.5に対応した、高い集塵性を実現する ‘スーパー・クリーン・エア・フィルター’ も装備されている。

価格は118万8,000円から

価格は、装備が簡略化された「L」の118万8,000円から、最上級グレート「G"メイクアップ SAⅡ"」の4WD車が166万8,600円まで(消費税込み)。女性がターゲットということで、笑顔のようなフロント・フェイスのデザインには抵抗を感じる男性もいらっしゃるかとは思うが、機能や装備に関しては、間違いなくダイハツの軽乗用車で最先端を行っている。

1