1. まとめトップ

ミャンマー不動産投資に活路!BlueHouse(ブルーハウス)とは?

現在、経済成長が著しいミャンマーに対して投資が活発です。海外投資といえば詐欺も多く存在しますが、その中でも不動産投資が一番活気があるといわれていますが、今不動産を買うとどうなのか。また、その中でも一番注目されているBlueHouse(ブルーハウス)という会社がどういう仕組みなのかをまとめてみました。

更新日: 2016年11月07日

namamomijiさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
5 お気に入り 19585 view
お気に入り追加

最近、ミャンマーの記事やニュースをよく見かけるようになった。

最近、テレビや新聞などで話題のミャンマー。
「最後の未開拓地」と呼ばれるほど、今後の成長が期待できるようだ。

進出ラッシュが続いている。

イオンは2016年内にミャンマー第1号店を開店予定。
新しく設立されたイオンオレンジ株式会社は、ミャンマーでの第1号店を2016年内に開店すべく準備を進めている。同社資本の大部分となる810万米ドルの大部分はイオンが提供する。

イオンが進出。
初の外資系スーパーとなる模様。
2016年内に一号店オープン予定。

ミャンマー・ティラワ経済特別区において、日本の自動車メーカースズキは、2018年に自動車製造を開始予定で製造工場を建設中

スズキが進出。
ティラワ(工業系経済特区)の工場が2018年に稼働予定。
エルティガという7人乗りの車種の製造が決まっているようだ。

大手ビールメーカーである「カールスバーグ」とミャンマー飲料水メーカー「Myanmar Golden Star」は合弁事業契約を締結した。2社は「ミャンマー・カールスバーグ」として国際基準でのビール製造を目指し、バゴー工業地帯ニャウンイン村約22万平方メートルの土地に醸造所を設ける。

国内地ビールを製造予定。
その名も「ミャンマーカールスバーグ」(笑)
そのままやん(笑)

キリンホールディングス(HD)は19日、ミャンマーのビール最大手「ミャンマー・ブルワリー」(MBL)を買収したと発表した。MBLに55%を出資していたシンガポールの飲料大手のフレイザー・アンド・ニーヴから、全保有株を同日付で買い取り、連結子会社化した。株式取得額は約697億円。

キリンが、「ミャンマービール」という地ビール会社を買収。そのうち日本のコンビニにもミャンマービールが並ぶ日がくるかも!?なお、このミャンマービールがお土産として定着しつつあるようです。

ミャンマーの成長率がすさまじい。日本の10倍以上。

経済成長率は驚異の8.4%!
(アジア開発銀行2016年調べ)

東南アジア内ではNo.1!

参考までに
他の東南アジア諸国比較
インドネシア 4.9%
フィリピン 6.0%
タイ 2.99%
シンガポール 1.77%
マレーシア 4.4%
(全て2016年)

ちなみに日本は1%もありません。

建設ラッシュが続いている。

ヤンゴンの活発なコンドミニアム市場は供給が需要に追い付かず、2015年まで勢いが弱まることはなさそうだと、不動産会社や識者たちは口を揃える。

建設ラッシュが続いています。

ミャンマーホテル経営者協会会長のTin Win氏によれば、2014年の290と比較して2015年にミャンマー国内で営業するホテルは340にのぼる。
Tin Win氏によればミャンマーを訪れる外国からの観光客数は2016年には倍増し、1千万人となる見込みだ。また総選挙後には観光客数は増えるだろうと付け加えた。

観光客が1000万人見込みとの事。
ちなみに、日本にきた外国人観光客が1000万人を超えたのは2014年が初めてでした。

外資系企業の進出ラッシュを迎えている一方で、外国人に適した賃貸物件の供給量は少なく、物件の需要/供給バランスが整っていない現状、ヤンゴンの家賃相場は日本の都心と同等の高さとなっています。(出典元から一部引用)

東京都心並みの家賃が狙えるようで、利回りが高いのも魅力。
これは確かに今しかないチャンス。

家賃相場が、普通に月10万円を超えている。

ボロボロのトタン張りの建物ばかりかと思いきや、こんな近代的な建物もあるようです。

スターシティーと呼ばれている都市開発エリア。
ヨマというディベロッパーは、シンガポール国内ではかなり有名な会社との事。

広大な敷地に建設中。
ゴルフ場もある。
星形の建物はすでに完売との事。

ミャンマーとは思えないほどのきれいな内装。

敷地内にプールもあるようです。

まさにリゾート地

さらに学校も。
2017年開校予定。
ブリティッシュカレッジはイギリスの名門校です。

賃料は一番大きな部屋で月5500ドル!
ミャンマー人は誰も住めませんね。。

ただし、リスクもあるようです。

まだまだ規制まみれの状態

外国人名義での取得をまだ政府が認めていないようです。
一部には規制緩和の動きがあるようですが、まだ国土全土には規制緩和は行なわれていません。

しかもローンを組むことも難しいようです。
フルキャッシュ。現金のみ。

1 2 3





namamomijiさん

投資大好き。
株や不動産がメイン。
特に東南アジアに注目しています。
広島在住。
もみじ饅頭よりも、生もみじ饅頭派。